【即お取り寄せ可能】北海道の本タラバガニが旨すぎる

「キングオブタラバ」と言われるように大きくて立派な「本タラバガニ」ですが、外国産が多く出回り、北海道産のタラバガニはとても希少です。
とびっきりの一杯をゲットするノウハウもご紹介します。

★年に2度旬がある

タラバガニを含めたカニの水揚げ量日本一を誇る「カニ王国」北海道。
中でも水揚げ量が最も多いのは稚内市にある稚内港です。
ですが、実は日本で流通しているタラバカニの95%は、ロシア産やカナダ産なのをご存知でしたか?
そのためたったの5%しかない北海道産のタラバガニはとてもとても貴重なんです!
タラバガニの旬は年に2度あります。
1度目は北海道の海から流氷が去った4月・5月頃。
海底での冬眠から目覚めたカニを狙って漁が行われます。
この時期のタラバガニは甘みが強いので旬と言われます。
漁獲量も最も多く、産卵期に入るので内子や外子を持ったメスもたくさん獲れる時期でもあります。
2度目は11月~2月頃。
オホーツク海へ訪れる流氷は、豊富なプランクトンを運んできます。
栄養満点のプランクトンを食べて育ったタラバガニはよく成長し、ぎっしり身が詰まっていているため、こちらも旬とされています。
好にもよりますがジュワっと染み出る甘みを楽しみたい人は4月・5月、プリっととした肉厚の食感をより重視したい人は11月~2月のカニを選んでみてはいかがでしょうか。
生息しているのが鱈の漁場、つまり鱈場と同じだったことから名前が付いたと言われるタラバガニ。
しかし「カニ」という名前こそついているものの、タラバガニは実はヤドカリの仲間です。
同じくタラバガニの仲間で、見た目がよく似た「アブラガニ」というカニがいます。味はタラバガニに劣らない美味しさ。
タラバガニよりアブラガニの方が美味しいという人もいるのですが、ここでひとつ気を付けたい点が。
このアブラガニ、タラバガニに比べてとても安価で、新鮮な内はタラバガニと変わらぬ美味しさですが、3日ほど経つとぐんと味が落ちてしまいます。
一時期、悪徳業者がアブラガニをタラバガニと偽って高値で販売し問題になりました。
安くカニを楽しみたい!という時には良いのですが、タラバガニを購入したい時には本物かどうかきちんと確認するようにしましょう。
ちなみに、見分けるポイントとしては、甲羅のトゲがタラバガニは6本なのに対しアブラガニは4本です。そして足の裏側がタラバガニは全体的に赤いですが、アブラガニは赤白のまだら模様になっています。参考にしてみて下さいね。

★解凍の仕方が味を決める

肉厚でプリッとした食感が楽しめるタラバガニは、淡泊な味わいが人気です。
身が大きいほど甘みが増し、メスは子どもに栄養を取られてしまうことから一般的にはオスの方が美味しいと言われます。
オスとメスの見分け方はお腹の形。
角ばっているのがオスで丸いのがメスです。
通販などでカニを購入する人も多いと思いますが、冷凍されているカニの場合、どんなに新鮮で美味しいカニでも、解凍の仕方を間違えるとパサパサになり旨みも逃げてしまいます。
美味しく頂くためにもコツを押さえておきましょう。
まず、大前提として食べる分だけ解凍すること!
再冷凍はやめましょう。
どうしても余ってしまった時は、冷蔵庫で保管し翌日中に食べたほうが良いですよ。
殻付きの場合は、冷蔵庫で解凍します。
室温で急速に解凍させると、旨みのエキスが流れ出して身がパサパサになってしまいます。
電子レンジなどで温めて解凍するのも絶対にNGです。
茹でて食べる場合にもまずは6時間~12時間ほど冷蔵庫に入れ、半解凍の状態にした方が美味しく頂けます。
大きさにもよりますが、タラバガニの場合は18時間~24時間かけてゆっくりと解凍します。
コツはとにかく乾燥させないこと。
新聞紙、もしくはクッキングペーパーなどで包み、水切り用のバットかお皿に乗せてビニール袋に入れれば万全です。
そしてもう一つ、完全に解凍してしまわずに、8割くらいまで解凍すること。
先程の茹でる場合の解凍もそうですが、そうすることで旨みが逃げ出すのを防ぐことが出来ますよ。
次に剥き身の場合。剥き身は逆に時間をかけると黒ずんでしまうため、流水解凍が良いです。
食べる直前にビニール袋に入れ10分~5分時間ほど流水解凍しましょう。
タラバガニを今すぐ注文!

★札幌場外市場

通販でもたくさん販売されているカニですが、新鮮な生のカニを食べられるならそれに越したことはありません!
北海道で直接カニを購入するなら、札幌場外市場がおすすめです。
札幌卸売市場の南側にあり、北海道中の海産物や青菓が集まる札幌場外市場。
札幌市街から車で10~15分ほど、市営地下鉄東西線「二十四軒駅」から徒歩7分、JR「桑園駅」から徒歩9分とアクセスも良好です。
テレビでも何度も紹介されていて、連日多くの観光客で賑わっています。営業時間は6時~17時。
新鮮な海鮮類は早ものだと午前中、または午後の早々に売り切れてしまうお店もあるので、お買い物は早めの時間に行くことをおすすめします。
場外市場に入るお店の中には通販も行っているお店も何軒かあります。現地にはなかなか行けない…という方はこちらもぜひチェックしてみて下さいね。
札幌場外市場
札幌市中央区北11条西21丁目2-3

超贅沢! ズワイガニの極上しゃぶしゃぶ

海の街・釧路から新鮮なカニを産地直送する活蟹卸専門店の北釧水産がお届けする、
贅沢なカニ。それは・・・

ズワイガニのかにしゃぶです。

北海道の各地の浜から水揚げされたズワイガニ。
獲れたてのズワイガニの中から、鮮度の良いモノだけを選択し
1本1本丁寧にしゃぶしゃぶ用に製造。
1本1本バラバラに凍結。
新鮮でおいしい状態のまま、お届けされます。

◎ ふわとろで旨い、しかも超ビッグサイズ

北釧水産のズワイガニの最大の特徴は、その大きさ。
1本につき、およそ15~20センチと超ビッグサイズ。
一口で食べられないほどの大きなカニをしゃぶしゃぶでいただけます。
その食感は一言で言うとふわとろ。
口の中でとろけるような柔らかさ。
そして口いっぱいに広がるカニの甘み。
飲み込むのがもったいないほど口の中に甘みと旨さが広がります。
その味は、まるで料亭の味と購入者からも大好評。
料亭でしか味わえないと思った
本格的かにしゃぶが、なんと自宅で堪能できるのです。

通常の本ずわいしゃぶ3Lサイズでは、ズワイガニが15本ほど入ってます。
1本1本バラバラに凍結されているので、食べたい分だけ解凍することができます。

◎カニにも米にも麺にも合う特製タレ

かに専門店の本ずわいがにのかにしゃぶを注文すると、
本ずわいがにと特製タレ、さらにだし昆布がついてきます。

特製タレも、北釧水産ならではの自慢の品。
ズワイガニの美味しさをさらに引き出す、絶妙な味。

カニをたっぷり食べた後は、
締めのおじや、
締めのラーメンでも
特製タレは大活躍します。
さらに購入者全員に簡単レシピもプレゼント。

しゃぶしゃぶを作ったことがない。
せっかくの美味しい素材をきちんと生かしきれるか自信がない
という人でも、レシピを見れば誰でも簡単に
絶品美味のかにしゃぶを作ることができるのです。


◎これも食べたい!稚内産たこしゃぶ

かにしゃぶ同様ファンが多いタコしゃぶも発売中。
たこの本場・稚内産の食べごたえバツグンのタコを
獲れたてホヤホヤを急速冷凍。
タコ本来の旨みが詰まったかにしゃぶです。
詳しくはこちらをクリック

北海道カニお歳暮ランキング

お歳暮シーズンに人気が高いカニ。
特に北海道のカニは、新鮮でおいしいと評判で
届けた先から喜ばれるお歳暮です。
北海道のカニといってもどれを送っていいかわからない。
そんなあなたのために
2016年お歳暮売り上げランキング上位で
さらに満足度の高かった北海道のカニお歳暮ランキングをご紹介します。

第3位

毛ガニむいときました

カニは大好きだけど殻をむくのが面倒。
そんな方におすすめの毛ガニむいときました。
商品名そのままに、全ての殻をむいた状態でお茶の間に届きます。


殻をむいたカニは、脚肉、身肉、カニみそとそれぞれ分けてお届け。
身もカニみそもしっかり味わえる逸品です。

詳しくはココ⇒毛ガニむいときました

第2位

網走水産のタラバガニ

「オホーツクの海の幸を全国の食卓に」を合言葉に、北の海から美味しい海産物を産地直送する網走水産。
創業40年以上の老舗であり、多くのファンを持つ水産会社ですが
なかでも人気で毎年多くの注文が殺到するのがタラバガニ。
鮮度バツグンのタラバガニを、最新の冷凍庫で獲れたてをすぐに急速冷凍。
最高品質の状態のタラバガニをお届けします。
詳しくはココ⇒蟹専門店の北海道網走水産

第1位

北海道直送豪華三大ガニセット

カニ選びに困ったらコレ!!
とばかりに、3種のカニが全部食べられる豪華版。

【セット内容】
タラバガニ脚 800g(足し脚)×1
ズワイガニ脚 900g×1
長万部産 黄金毛ガニ 400g以上×1

【主原料産地/漁獲場所等】
タラバガニ:ロシア、カナダ、ノルウェー
ズワイガニ:ロシア、カナダ、アメリカ
毛ガニ:長万部

安心・安全100%!
北海道で加工した美味しいカニのセットです。
詳しくはココ⇒カニ選びに迷ったら全部入りの三大ガニセット

長万部産 黄金毛ガニは、市場に出回らない幻のカニ

長万部産の黄金毛ガニは市場になかなか出回らないという地元北海道でも希少な長万部産のブランド蟹です。
北海道に住んでいる人でも、食べたことのある人は少なく幻のカニともいわれています。

◎光り輝く黄金毛ガニ

黄金毛ガニは繊維が一本一本きめ細かくいのが特徴的。
甘味のあるカニの身はプリプリとした絶品です。
またたっぷりと入った黄金色のカニみそは、まさに黄金毛ガニと呼ぶにふさわしく、色だけでなくコクと甘味が引き立つ美味しさです。
茹であがりが黄金色に輝く甲羅、繊維の立つカニ身、カニみその入りがたっぷりで香りがよく、滋味豊かな長万部産の黄金毛ガニは日本酒や焼酎にもピッタリの最高の相性です。
窯茹でした毛ガニをそのまま食べるというシンプルな食べ方でも長万部産 黄金毛ガニの旨味や風味を十分楽しめます。果実酢や黒酢とあわせたつけダレを一緒に楽しむのもおすすめです。また、日本酒好きにはたまらない極上の甲羅酒を楽しむことができます。

◎毛ガニであって、毛ガニじゃない!?

万部産 黄金毛ガニは三方を山に囲まれ、特別豪雪地帯にも指定されている自然が厳しく、また豊かでもある環境で育ちます。
長万部産 黄金毛ガニは漁が制限されており、限られた時期に5km沖までという範囲内でしか捕れない希少なカニなのです。
長万部産 黄金毛ガニは色や味が他の毛ガニとは全く違う高級品で、漁獲高はとても少なく、市場になかなか出回ることはありません。
長万部産はカニ身の質が他の毛ガニと違います。
また、みその味も全然違うのです。
かにめし発祥の地でもある長万部は噴火湾に接しています。長万部が位置する噴火湾沿岸には温泉が点在し、温泉からは湧き出るミネラルがたっぷりの泉水が延々と海に流れ込んでいます。
そのようなミネラルがたっぷり含まれる餌を食べた長万部産の黄金毛ガニは、この栄養豊富な餌で育ち、きめが細かくて繊維の一本一本が繊細な甘みをもつ身をつけるのです。

◎トロトロのカニみそは最強の味

万部産 黄金毛ガニは濃厚でコクのある毛ガニのカニみそがたっぷり入っています。他のカニとは比べものにならない美味しさで、甲羅からすくった時、甘いトロトロの味を楽しめます。
カニの本場 北海道の人たちにとってカニ通は毛ガニといわれているのです。毛ガニは、ズワイガニやタラバガニと比べると、とても繊細で甘みがあります。深い味わいがあってしつこくなく、カニ本来のおいしさが楽しめるのです。ほぐしたカニの身をカニみそと一緒に食べたり、日本酒のあてとして食べるという食べ方もとてもいいですよね。
そんな毛ガニの濃厚でコクのあるカニみそがたっぷりの万部産 黄金毛ガニは、カニの本場、北海道の人たちをもうならせるほどの美味しさがある名産品なのです。



リピート注文No.1の超鉄板・毛ガニ!

北海道の海鮮料理の中でもトップレベルの人気を誇るのがカニ。
なかでもファンが多い毛ガニは、北海道ツアー客からの人気はもちろんのこと
地元北海道民にも愛されている道産食です。
デパートや市場でも販売していますが、海産物は鮮度と産地が命。
店によっては冷凍期間が長く味が落ちてしまっているカニや
産地を出さずに販売している、食べるのにちょっと勇気がいる商品もあるのだとか。
本物の味を食したいなら、地元北海道から直送が一番です。

その中から紹介するのが、浜茹毛ガニ姿です。

 

◎一年を通じて旬の毛ガニを味わえる!

海に覆われている北海道では、一年中カニが収穫されます。
といっても、同じ場所で年がら年中カニが獲り放題というわけではありません。
冬の季節。
12月から2月ころまでは日高地方のカニがベスト。
身の引き締まったカニがこの時期の日高は獲り放題です。
そして春になるとカニの旬は、オホーツクに移ります。
オホーツクといえば冬の間は流氷に覆われています。
氷が溶け、春の足音が聞こえ始めたこの時期のオホーツクには、
身がギュッと詰まったカニが獲れるのです。
さらに春から夏にかけては道央から道南エリア。
そして秋は釧路や広尾などの道東エリア。
北海道と一口に言っても、気候、環境は異なります。
そしてそのおかげで、北海道では一年を通じて
旬のカニを味わうことができるのです。



どのサイズのカニが一番おいしい?

一般に販売されるカニの大きさは小さいもので400グラム程度。
大きいものだと1キロ近いモノもあります。
カニ好きの中にも、
「大きい方が美味しい」
「いやいや身が引き締まっているのは、小ぶりのカニだよ」
と意見が分かれるようです。
満足感を味わいたいなら900グラムサイズがおすすめ。
この手の大きさの毛ガニは、通販市場にはあまり出回っていません。
おそらく「え、カニ、デカッ」と驚くことでしょう。
カニミソと身のバランスが絶妙なのは600グラムサイズ。
さらにカニミソが特に好きという人は、小ぶりの400グラムのカニをオススメします。
小ぶりですが、身もしっかり詰まっています。

美味しい毛ガニを北海道から直送【北海道 地場の味】

◎毛ガニだけがカニじゃない!

毛ガニよりも甘みがあり、濃厚なカニミソとの組み合わせが絶妙美味なのがズワイガニです。

高級料亭でも出されるズワイガニは、
足1本1本にも身がしっかり詰まっており、ミソにつけて食べるのがたまらないというファンも多いほど。

それからそれから北海道民で食した人がそれほど多くないと言われる
希少なカニといえば花咲ガニ。

エビに似た風味が特徴的で、毛ガニやタラバガニとは全く異なる食感は、一度食べたらくせになること請け合いです。