【年末年始は!】カニを食べたい!カニを送りたい!【かにの通販最新情報】

家族や仲間との食卓を豪華にしたい!
お世話になったあの方へお歳暮を届けたい!

そんな時には、
かに
カニ

そう。

「かに」です!



おいしいカニを
食べたい!
届けたい!

そんなあなたのための、

かに・通販
最新情報です。

**************************************
工場直送!3大蟹祭り開催中!!
北海道海鮮工房

年間数百トンもの蟹を取り扱う、カニの製造工場と独占契約。
卸業者を通さず工場からの直送販売をすることで
鮮度の高い良質なカニをお求めやすい価格で提供中。

メニュー数も豊富で、通販ではなかなか手に入らない種類のカニも入手可能。
3大蟹全37メニューから選び放題です。



**************************************
北の海の肉厚なカニをスピード配達!
オホークツ直送のマルゲン後藤水産

北海道のオホーツク海からお届けするカニは、
新鮮でそして特大サイズ!
テレビやラジオ、雑誌などの情報番組でも何度も紹介され、
北海道のカニといえば、後藤水産!というファンも全国に多いほど。

大人気の生ズワイガニをはじめ、ビッグサイズが自慢のカニは
全て送料無料サービスです。



**************************************
蟹専門店が送る、厳選毛ガニ!!
カネキタ北釧水産

海産物の宝庫・釧路を拠点に、旬の魚介類や北海道の美味しい味覚を提供しているカネキタ北釧水産。
この季節の人気は、言うまでもなく「カニ」。
なかでも今の季節おすすめしたいのが、活毛ガニ。

カネキタ北釧水産の活毛ガニは、活きたまま朝茹でで直送。
鮮度が高い、そしてプリップリのカニが届きます。

毛ガニは北海道では一年を通して獲ることができます。
その時々で、一番実りの良い産地を厳選。
ちなみに11月現在は、釧路、白糠のカニを直送中です。


【絶対旨い】3大カニ祭り【送料無料】

北海道の美味しいカニを年間数客トン取り扱う、カニ製造工場と独占契約を結んでいる
北海道海鮮工房が3大カニ祭りを実施中です。

3大カニとは

芳醇な味わいでなおかつ重厚感たっぷり。
焼くことでさらに食欲を増す香りが広がる
カニの王様・たらば蟹!

旬の時期に水揚げした1級品のみを、水揚げ後に急速凍結。
噛むごとに旨みの広がる白い身と濃厚なミソとの組み合わせもたまらない
毛蟹!

そして一本一本の脚にもぎっしり身が詰まって甘みたっぷり。
贈答品としての人気ナンバーワンのずわい蟹!

おなじみの3大カニをさまざまなバリエーションでお届けする
北海道海鮮工房だからできる男なお取り寄せ企画。

それが・・・

3大カニ祭りなのです。

北海道海鮮工房のお取り寄せは、用途に合わせて様々な通販セットが用意されています。

お歳暮やお届け用には、特大サイズのカニやたらば蟹肩脚シュリンク包装といった
インパクトのあるセットがおすすめ。

ご自宅用で人気なのは、かに脚食べ比べセット。
たらば蟹脚Lサイズ1キロとずわい蟹4Lサイズ1キロの合わせて2キロの超ボリュームサイズ。

ほかにも一家団欒で楽しめる鍋用のカニやご自宅用、

ご飯のおかずや酒のつまみ用など用途に合わせてお選びください。



3種類の幸せをゲットせよ! 網走水産のカニ福袋

「オホーツクの海の幸を全国の食卓に」が合言葉の網走水産。
網走の海産物を筆頭に、北海道各地の新鮮で美味しい商品を提供している会社からハッピーな福袋が登場しました。

★鮮度と真心が自慢の網走水産

提供している商品はどれも目利きのバイヤーが厳選した、安全安心な本物の美味しさです。
その品揃えは全部で300種類以上!水産物以外にもお米や野菜、肉、スイーツなど幅広い商品が揃っています。
水産物を扱う会社だからこそ鮮度にはこだわりが。最新式巨大冷蔵庫を導入し、広い敷地を確保して作業効率を上げることで、高い鮮度を保ったまま商品を届けています。
そのための時間とコストは惜しみません。
直営店は網走のほかに知床・北見・富良野・千歳の全5ヶ所。そんな網走水産から嬉しい福袋が登場しました!
網走水産のカニ福袋

この量でこの価格、他では真似できない衝撃の値段です。
徹底した管理の下販売される網走水産のカニは、活きているカニを浜ゆでして急速冷凍しているので鮮度抜群。熟練した職人さんがそのカニごとに茹で加減や塩加減を調整して茹でたカニだから、美味しさが違います。

★何が入っているかは届いてからのお楽しみ「弁財天コース」

カニ脚がたっぷり1㎏入ったお楽しみセット。ぎっしりと身が詰まったプリップリのカニ脚は人気の高い部位です。
カニしゃぶもおすすめですが、まずはそのままカニの旨みを存分に楽しむのが網走水産のイチオシ。カニ脚1㎏でこの価格…考えられません!

★南タラバガニ脚がもれなく入った「大黒天コース」


タラバガニというとオホーツク海や北極圏に近い海に生息するイメージが強いですが、南タラバガニは南極圏のチリ・アルゼンチンの海域で獲れたカニです。
日本ではあまり耳にしませんが、欧米ではよく食されています。
殻が白っぽいのが特徴で、身の詰まりがよくタラバガニと肩を並べる美味しさです。
日本ではまだあまり流通していないものの、実は今カニ業界で注目を集めているこれから来るであろうカニなのです。
そんな南タラバガニをいち早く味わえるチャンスです!バターを乗せてステーキ風に楽しむのがおすすめです。

★豪華絢爛!タラバガニ脚、ズワイガニ脚、毛ガニ、花咲ガニが全て入った「恵比寿天コース」

欲張りさんに嬉しい、4種のカニが入ったドドンと2㎏入りのセット。
豪華としか言いようがありません。
引き締まった身が口の中で踊るタラバガニ。
甘みが強く繊細な味のズワイガニ。
国内産は非常に少ないことから幻のカニとも呼ばれる濃厚な旨みの花咲ガニ。
ぎっしり詰まった身、何よりカニ味噌が最高の毛ガニ。
4種のカニの食べ比べなんてこの上ない贅沢です!
ほぐした身と甲羅のカニ味噌を混ぜて網焼きにしてみては?


解凍はカニの味を左右する大事な作業です!
ボイル加工済のカニは冷蔵庫で1日かけてゆっくり解凍するのが美味しく食べるコツ。
一気に解凍してしまうと、せっかくのカニがパサパサになり旨みも逃げてしまいます。
焦らずじっくりと解凍しましょう。生冷凍のカニは焼きガニ・カニ鍋などなど加熱して食べて下さいね。

紅ズワイガニ・トゲズワイガニも含め、3つのコースで合わせて7種類のカニが入った網走水産のカニ福袋。カニを味わい尽くすにはもってこいの、カニ好き必見の福袋ですよ。
網走水産のカニ福袋

日本最北の町からやってきたレアな奴 「稚内産紅ズワイかにしゃぶセット」

プリップリの紅ズワイガニがどっさり入った「稚内産紅ズワイかにしゃぶセット」
北海道の冷たい海で育った紅ズワイガニは身が締まっていて味が全然違います。
そして実はあまり食べられないレアものだとか…。
剥き身だから手間いらずで簡単に食べられます。

★日本の最北端

映画「北のカナリアたち」の舞台にもなった北方圏への玄関口、稚内。
宗谷岬からわずか43㎞先にはロシアのサハリンが望むことができ、
宗谷海峡を挟んで東にはオホーツク海が、
西には日本海が広がる北海道北部の中核都市です。
有名な観光地にもなっている「稚内港北防波堤ドーム」と「宗谷丘陵の周氷河地形」は
“次世代に引き継ぎたい有形・無形財産の中から道民全体の宝物”として選ばれる「北海道遺産」にも登録されています。
氷河時代に形成された周氷河地形は日本離れした珍しい地形をしています。

とりわけ海産物には特に恵まれ、
一年を通してウニ、ホタテ、エビ、ホッケ、カレイ…などなどあらゆる種類の魚介が水揚げされます。
そして春から夏にかけて獲れるのが“カニ”です。

★実はとても貴重なカニ

「活彩北海道」では北海道の旬の食材や新鮮な海の幸を購入することが出来ます。
中でも特に大人気なのが紅ズワイガニ。
実は紅ズワイガニはとても貴重なカニなのをご存じですか?
なぜなら紅ズワイガニはもともと身入りが少ないカニ。
総水揚げ量のたった10%しか獲れないのです。
そのため、ほとんどが加工用として流通している中、
そのごく一部、10%の身入りの良いものだけが、しゃぶしゃぶや姿などで食べられています。
そんな貴重なカニをお腹いっぱい食べられるのがこの活彩北海道の紅ズワイかにしゃぶ。
これだけの量、しかも身入りのいいものだけを食べられる機会はそうありません。
水揚げされた後、職人さんがひとつひとつ丁寧に手作業で殻を剥いたカニはぷりっぷり。
そのお味は濃厚な甘みがあって瑞々しく、口の中でふわっととろけていきます。
それはまさに料亭のカニしゃぶ。身入りの良いものだけを厳選しているだけあってどれも肉厚です。

カニを食べる時に面倒なのが、殻を剥く作業ですよね…。
食べたいけど自分で剥かなきゃならないしな、と躊躇ってしまうことも。
しかしこの「稚内産紅ズワイかにしゃぶセット」は剥き身なので手間いらず!
ビニール袋に入れた状態で流水解凍をすると30分程で半解凍の状態になるので、
あとはお鍋でしゃぶしゃぶするだけです。子どもでも食べやすくて嬉しいですね。

★アレンジだってし放題

カニしゃぶの後はやはり雑炊がおすすめ!
カニの出汁が染み出していて絶品です。
さらにフライパンで焼いてカニステーキに、カラっと揚げててんぷらに、さらにカニチャーハンやカニ玉…などなど、
他にも美味しい食べ方がいっぱい。
メニューを考えるのが楽しいですね。
賞味期限は冷凍で3か月です。
が、やはり新鮮な方がより美味しいので早めに食べることをおすすめします。

稚内産紅ズワイかにしゃぶセットは、さとふるがお得!

コレもおすすめ!

【即お取り寄せ可能】北海道の本タラバガニが旨すぎる

「キングオブタラバ」と言われるように大きくて立派な「本タラバガニ」ですが、外国産が多く出回り、北海道産のタラバガニはとても希少です。
とびっきりの一杯をゲットするノウハウもご紹介します。

★年に2度旬がある

タラバガニを含めたカニの水揚げ量日本一を誇る「カニ王国」北海道。
中でも水揚げ量が最も多いのは稚内市にある稚内港です。
ですが、実は日本で流通しているタラバカニの95%は、ロシア産やカナダ産なのをご存知でしたか?
そのためたったの5%しかない北海道産のタラバガニはとてもとても貴重なんです!
タラバガニの旬は年に2度あります。
1度目は北海道の海から流氷が去った4月・5月頃。
海底での冬眠から目覚めたカニを狙って漁が行われます。
この時期のタラバガニは甘みが強いので旬と言われます。
漁獲量も最も多く、産卵期に入るので内子や外子を持ったメスもたくさん獲れる時期でもあります。
2度目は11月~2月頃。
オホーツク海へ訪れる流氷は、豊富なプランクトンを運んできます。
栄養満点のプランクトンを食べて育ったタラバガニはよく成長し、ぎっしり身が詰まっていているため、こちらも旬とされています。
好にもよりますがジュワっと染み出る甘みを楽しみたい人は4月・5月、プリっととした肉厚の食感をより重視したい人は11月~2月のカニを選んでみてはいかがでしょうか。
生息しているのが鱈の漁場、つまり鱈場と同じだったことから名前が付いたと言われるタラバガニ。
しかし「カニ」という名前こそついているものの、タラバガニは実はヤドカリの仲間です。
同じくタラバガニの仲間で、見た目がよく似た「アブラガニ」というカニがいます。味はタラバガニに劣らない美味しさ。
タラバガニよりアブラガニの方が美味しいという人もいるのですが、ここでひとつ気を付けたい点が。
このアブラガニ、タラバガニに比べてとても安価で、新鮮な内はタラバガニと変わらぬ美味しさですが、3日ほど経つとぐんと味が落ちてしまいます。
一時期、悪徳業者がアブラガニをタラバガニと偽って高値で販売し問題になりました。
安くカニを楽しみたい!という時には良いのですが、タラバガニを購入したい時には本物かどうかきちんと確認するようにしましょう。
ちなみに、見分けるポイントとしては、甲羅のトゲがタラバガニは6本なのに対しアブラガニは4本です。そして足の裏側がタラバガニは全体的に赤いですが、アブラガニは赤白のまだら模様になっています。参考にしてみて下さいね。

★解凍の仕方が味を決める

肉厚でプリッとした食感が楽しめるタラバガニは、淡泊な味わいが人気です。
身が大きいほど甘みが増し、メスは子どもに栄養を取られてしまうことから一般的にはオスの方が美味しいと言われます。
オスとメスの見分け方はお腹の形。
角ばっているのがオスで丸いのがメスです。
通販などでカニを購入する人も多いと思いますが、冷凍されているカニの場合、どんなに新鮮で美味しいカニでも、解凍の仕方を間違えるとパサパサになり旨みも逃げてしまいます。
美味しく頂くためにもコツを押さえておきましょう。
まず、大前提として食べる分だけ解凍すること!
再冷凍はやめましょう。
どうしても余ってしまった時は、冷蔵庫で保管し翌日中に食べたほうが良いですよ。
殻付きの場合は、冷蔵庫で解凍します。
室温で急速に解凍させると、旨みのエキスが流れ出して身がパサパサになってしまいます。
電子レンジなどで温めて解凍するのも絶対にNGです。
茹でて食べる場合にもまずは6時間~12時間ほど冷蔵庫に入れ、半解凍の状態にした方が美味しく頂けます。
大きさにもよりますが、タラバガニの場合は18時間~24時間かけてゆっくりと解凍します。
コツはとにかく乾燥させないこと。
新聞紙、もしくはクッキングペーパーなどで包み、水切り用のバットかお皿に乗せてビニール袋に入れれば万全です。
そしてもう一つ、完全に解凍してしまわずに、8割くらいまで解凍すること。
先程の茹でる場合の解凍もそうですが、そうすることで旨みが逃げ出すのを防ぐことが出来ますよ。
次に剥き身の場合。剥き身は逆に時間をかけると黒ずんでしまうため、流水解凍が良いです。
食べる直前にビニール袋に入れ10分~5分時間ほど流水解凍しましょう。
タラバガニを今すぐ注文!

★札幌場外市場

通販でもたくさん販売されているカニですが、新鮮な生のカニを食べられるならそれに越したことはありません!
北海道で直接カニを購入するなら、札幌場外市場がおすすめです。
札幌卸売市場の南側にあり、北海道中の海産物や青菓が集まる札幌場外市場。
札幌市街から車で10~15分ほど、市営地下鉄東西線「二十四軒駅」から徒歩7分、JR「桑園駅」から徒歩9分とアクセスも良好です。
テレビでも何度も紹介されていて、連日多くの観光客で賑わっています。営業時間は6時~17時。
新鮮な海鮮類は早ものだと午前中、または午後の早々に売り切れてしまうお店もあるので、お買い物は早めの時間に行くことをおすすめします。
場外市場に入るお店の中には通販も行っているお店も何軒かあります。現地にはなかなか行けない…という方はこちらもぜひチェックしてみて下さいね。
札幌場外市場
札幌市中央区北11条西21丁目2-3