札幌大玉キャベツは、甘くてデカイ!

北海道の野菜といえば
ホックホクのじゃがいもや
フルーツのように甘~いトウモロコシが有名ですが、
ファンの多い商品が、札幌大玉キャベツなのです。

◎市販のキャベツの10倍以上の大きさ!

大玉キャベツという名前からわかるように
このキャベツ、デカいのです。
どれくらい大きいかというと、通常市販されるキャベツの10倍以上の大きさ。
重さにして10キロ~15キロのキャベツも当たり前にあるというからビックリ。
なぜここまで大きなキャベツが作れるかというと、
栽培方法に秘密が隠されています。
通常のキャベツだと60日~90日程度で収穫するのですが、
札幌大玉キャベツは、そこからさらに60日。
150日ほどの長い日数をかけて栽培するのです。

◎大きなキャベツは、甘~いぞ!

通常のキャベツよりも長い期間栽培して収穫される大玉キャベツ。
栽培期間が長いことで、普通のキャベツよりも養分を多くため込みます。
そのため糖分も増え、甘い甘いキャベツが誕生するのです。

◎みのもんたも驚く、BIGキャベツ

札幌大玉キャベツは、そのデカさが話題で各メディアでも多く紹介されています。
地元北海道のニュースやワイド番組でもたびたび取り上げられ、
通常のキャベツと大玉キャベツを並べたり、
女子アナが実際に札幌大玉キャベツを持ち上げてみたり、
真ん中からスパッと包丁で切ってみたり、
さまざまな思考を凝らした演出で、札幌大玉キャベツを紹介しています。
全国放送で紹介されることもあり、
日本テレビの人気テレビ番組「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW」でも大玉キャベツが紹介されました。
その時、実際に計測した大玉キャベツの重さは、なんと14キロ。

◎絶品漬物が作れちゃう!

大玉キャベツを使った料理は、なんといっても漬物。
ニシン漬けや飯寿司などに使われることが多いようです。
さらには、甘みが強いのでロールキャベツにも向いています。
鍋に入れれば水を少なめでキャベツから出る甘みが良い出汁になることでしょう。

ちなみに大玉キャベツの栽培地は、北海道のみ。
甘くてデカイ大玉キャベツは、北海道だけの逸品なのです。
出荷予定は、10月下旬から11月上旬。
数は少なく、この時期しか栽培することができないので
幻のキャベツと言われることも!
希少で貴重な札幌大玉キャベツ。
産地直送送料無料でお届け中。
数に限りがありますのでお急ぎください。
札幌大球キャベツ