旭川ラーメン蜂屋、こだわりの焦がしラード

道内屈指のラーメンの街・旭川にある「蜂屋」はどこにも負けない個性的な味を持っています。
それが、「焦がしラード」。一度食べたら病みつきになる、旭川を代表する一杯です。

★地元民に愛される「蜂屋」

昭和22年(1947)創業の老舗ラーメン店、「蜂屋」。
旭川市内に「旭川本店」「蜂屋 五条創業店」の2店舗を構え、醬油ラーメンが店の味です。
「蜂屋」という名前は創業者の加藤枝直が蜂蜜を使ったアイスクリーム店を営んでいたことに由来しており、年間の客数は13万人という道内外から人が押し寄せる超人気店です。

★唯一無二の味「焦がしラード」

「蜂屋」のラーメンは旭川ラーメンを象徴するラーメンと言えます。
旭川ラーメンといえば魚介系ダシと動物系のダシを合わせた“Wスープ”。
「蜂屋」ではアジの丸干しと豚骨でダシをとっています。
さらに、スープの表面にうっすらと膜が張るほどのラードの濃厚さ。
これは寒さの厳しい旭川でも熱々のラーメンが食べられるようにとの工夫から生まれました。
そして「蜂屋」のラーメンの代名詞と言えるのが「焦がしラード」です。
数種類の節と背脂で作るこのレシピは初代が考案した受け継がれる店の味。
とにかく初めて食べたときのインパクトは強烈で誰もがその香りに、何だこれ!?と衝撃を受けます。
しかしその味は香りから想像していたよりも意外にさっぱりしており、不思議なことにしつこさも全くありません。
このパンチの効いた味こそが、「蜂屋」の味、「蜂屋」の個性。
まさに病みつきという言葉がぴったりの中毒性のある美味しさです。
インスタントになってもその味に寸分の狂いはありません。
お客さんの9割以上が注文する「醬油ラーメン」は、実際に地元の店舗で食べた人たちからも全く変わらぬ美味しさという声があがる、インパクト大の「蜂屋」の味。人気№1のラーメンをそのままご家庭で味わうことが出来ます。

★菊水の寒干し麺

そんな濃厚なスープに良く絡む麺は寒干しのちぢれ麺です。
寒干し麺とは、熟成させた生麺を非加熱で乾燥させた麺のこと。
そうすることで小麦本来の旨味が醸し出され美味しい麺が出来上がります。
また、常温で長期保存でき、生麺と変わらぬ食感が特徴です。
製造しているのは北海道で有名な製麺会社、菊水です。
創業者の杉野森一が、兵庫県で手延べそうめん作りを見て、ラーメンに応用しようと思いついたのが寒干し麺の原点。
手延べ麺は11月から3月にかけての冷涼な時期に作られます。
寒い時期には空中浮遊菌が少ないほか、麺も急激に乾燥しません。
この時期の温度と湿度で作られることが手延べ麺の美味しさの秘訣だと気づいた杉野が、生ラーメン以上の味のいい乾燥ラーメンを作るという熱い思いのもと、3年の月日をかけて完成させたのが菊水の寒干し麺です。

1999年~2009年までの10年間、「新横浜ラーメン博物館」にも出店していた「蜂屋」。
また、毎日放送・中部日本放送・長崎放送の「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか」で紹介されると全国にファンが生まれました。
極寒の地で生まれたパンチの効いた「焦がしラード」が香る濃厚なスープが「蜂屋」、さらには地元旭川の自慢の味です。

旭川ラーメンをお取り寄せ!旭川ラーメン繁盛店セット

「旭川ラーメン繁盛店セット」は旭川で名高い5店舗のラーメンが一度に楽しめる豪華なセットです。
各店こだわりのスープに、麺は全国的に有名な旭川市内の「藤原製麺」の麺を使用しています。
たっぷり10袋入りなのでご家族で楽しめるほか、お中元・お歳暮などの贈りものにもぴったりですよ。

★繁盛店5軒が一堂に会するセット

どの店舗も歴史ある旭川の名店です。
地元で大人気なだけでなく、海外に出店しているお店まであるんです。

・旭川 梅光軒

昭和44年にオープンした「梅光軒」。
「お店の味をご家庭で!」という思いから出来上がった自慢のラーメンです。
旭川発祥の、豚骨、鶏がらから摂る「動物系」スープに、煮干し、昆布から摂る「魚介系」の旨味を加えた「Wスープ」に自家製のちぢれ麺がよく絡みます。
「北海道経済』主催の「第一回旭川ラーメン大賞」では最優秀賞を受賞した、旭川はもちろんのこと北海道を代表するお店と言えます。
「世界にラーメンを」をテーマに旭川・札幌・新千歳空港のほか、東京・千葉・沖縄といった道外、さらにはシンガポール、台湾、香港、ベトナム、ハワイと世界にも進出し、計11店舗を構えています。
「王様のブランチ」では「週末女子旅を提案☆1泊2日で秋の北海道へ」のコーナーで、
「そうだ旅(どっか)に行こう。スペシャル」では蛭子能収、NANA、ハライチの澤部佑が「旭川ラーメン村」を訪れた際に紹介されました。

【送料無料】 梅光軒 店そのままの生ラーメン

・らーめんや 天金

昭和27年創業の老舗「天金」。
創業当時から守り続けてきた豚骨ベースの深いコクのあるスープが売りです。
一見こってりしているように見えますが、味はまろやかであっさりしています。
何度食べても飽きの来ない天金のラーメンは店主のこだわりが詰まっています。
また、旭川は冬の最低気温が-30℃にもなります。
そんな寒さの中ではスープは食べているそばから冷えてしまう。
そこで旭川では「冷めない工夫」がなされてきました。
それがラードを加え油膜をつくり熱を逃がさないようにする方法。
この知恵が広く浸透し、やがて旭川ラーメンの特徴ともなりました。
天金はそんな旭川ラーメンの伝統を守り続けているお店です。
フジテレビの「おじゃMAP」で香取慎吾、ザキヤマ、浜口京子が「旭川ラーメン村」を訪れた際に紹介されました。

・らーめん 山頭火

創業当時から変わらない、ラーメンどんぶりとしては反りのない珍しい器に小梅が添えられた塩ラーメンが話題になったのが、
昭和63年に誕生した「山頭火」です。
低温でじっくり時間をかけて、丁寧に下処理をした豚骨白湯スープは素材の旨味を最大限に引き出したまろやかな仕上がり。
最後の一滴まで美味しく飲めることを念頭に、適塩を心掛けているため、子どもでも安心して食べられます。
しかし、どんなに好きなものでも毎日食べると飽きてしまうもの。
それなら自分好みの味を作ってみよう!という店主のこだわりから生まれのが、
常連客だけが知っている旭川本店の隠れメニュー「あわせ味」です。
みそ・しょう油・しおと魚の香りが絶妙なバランスで合わさった味わい深いラーメンです。
「山頭火」は日本各地に店舗を構えているほか、
アメリカ、カナダ、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、台湾、フィリピンといった海外にも出店しています。
まさに、世界で愛されているお店なのです。
テレビ東京の大ヒット番組「YOUは何しに日本へ?予習復習スペシャル」、
TBSテレビ夜のバラエティ「ジョブチューン★冬の大ヒット商品スペシャル!」の番組内ランキングで、
山頭火は今話題のスポットとして紹介されました。
旭川ラーメンのれんの味山頭火(さんとうか)「かくれメニューのあわせ味」×5袋

・特一番

コシの強い細切り麺と、深いコクのあるスープが人気のお店です。
豚骨をベースにカツオを加えたスープは、旭川ラーメンを象徴する濃厚ながらもあっさりとした味。
昔から変わらぬ特一番の自慢のスープです。
創業は昭和25年の老舗は、なんと北海道に関係する自然・文化・産業で、
次世代へ継承したいものが選ばれる「北海道遺産」にも認定されています。
初めて食べた人でもどこか懐かしさを感じる、そんなラーメンです。
「7スタLIVE」では東京・三鷹市の店舗が紹介されました。
旭川ラーメンのれんの味 【特一番】2食入×5袋セット(味をお選びいただけます。)

・旭川らぅめん 青葉
昭和22年創業の老舗です。
化学調味料を使わないスープは創業当時から守り続けている、青葉こだわりの味。
豚骨、鶏ガラ、利尻昆布、鰹節、煮干し、各種野菜を入れ、沸騰させずに弱火で煮出しており、
旨味がありあっさりとしているから全部飲み切りたくなる美味しさです。
3代にわたって店の味を守り続けている旭川を代表するラーメンです。
「絶対に行きたくなる!北海道ラーメン30連発」ではラーメン通の勝俣州和らも唸る至極の北海道ラーメンとして、
「おじゃMAP」では香取慎吾、ザキヤマ、浜口京子が「旭川ラーメン村」を訪れた際に紹介されました。

★藤原製麺
昭和23年創業の藤原製麺は、60年以上麺一筋の会社です。
旭川ラーメンは札幌ラーメンに比べ加水量の少ない少加水麺で、スープに絡みやすい麺となっています。生麺を2日間乾燥させた乾燥ラーメンは茹で上がれば生麺と変わらない食感です。
麺の命であるこだわりの小麦と、自然高温熟成庫の優しい輻射熱で寝かせることでコシのある美味しい熟成麺が出来上がります。
また、異物混入防止策としてⅩ線異物検査機を導入し、徹底した衛生管理の下、確かな品質を作り続けています。
旭川の厳しい寒さが生んだ独自のスープと、大雪山の湧水で作られたコシのあるラーメンの食べ比べが出来る「旭川ラーメン繁盛店セット」。本格的な旭川ラーメンを楽しめる、文句なしのボリュームです。