【ふるさと納税】厚真町のご当地ジンギスカン【厚真町】

北海道と言えばジンギスカン!
北海道に来たらハズせないご当地グルメですよね。
道内でメジャーな松尾ジンギスカンに肩を並べる存在が厚真町の「あづまジンギスカン」です。
道民にも長く愛される「あづまジンギスカン」をご家庭で手軽に味わえます。

★厚真町

札幌から車で約1時間半、新千歳空港からは35分の距離に位置する厚真町。
豊かな自然が残り、田園風景が広がるのどかな町です。
ハスカップの耕作面積が日本一でもある厚真町は、雪が少なく温暖な気候であることから、北海道内外からの移住者が増えています。

町民が「あづましい」(北海道弁で「心地よい」)暮らしができるように子育て、教育支援、森林保全、産業振興などに力を入れています。

★市原精肉店が作る“厚真の味”

「あづまジンギスカン」を作っているのは、昭和43年より受け継がれる秘伝のタレや肉の熟成技術などの伝統を守り続ける市原精肉店。

「あづまジンギスカン」用にオーダーメイドでカットされたお肉は厚さ1㎝もあり、舌と歯でじっくり楽しむことができる極上のジンギスカンです。

「あづまジンギスカン」に使う羊肉は一定温度でじっくりと熟成させることで肉自体が持つ酵素で自然と柔らかくなります。

白く硬いスジは切り落とし、厚さ1㎝にスライスします。
その後余分な脂身を切り落とすのですが、落とし過ぎると「あづまジンギスカン」自慢の旨みが損なわれてしまうため、慎重かつ手早い熟練した職人技が必要です。

また、カットの大きさを均一にしなければ味付けにムラが出てしまうため味が決まる重要な作業のひとつです。

自家製タレの主原料であるリンゴやタマネギは北海道産を使用。
「くだものの里」として知られる壮瞥町のリンゴは、北海道特有の寒暖差の激しい気候で育ち小ぶりな果実に「蜜」がたっぷりと詰まった甘くて濃厚な味。

高級品として全国で売られている岩見沢産のタマネギは実がしっかりと締まっていて甘みがあります。
加熱処理をしていないため日持ちはしませんが、リンゴやタマネギなどの素材の酵素が死なないため、肉を一層柔らかくしてくれます。

★あづまジンギスカンスペシャル&レギュラー

薫り高いしょうが風味のタレに最高羊肉の極上部位(ロース)のみを使用し漬け込んだ、「ジンギスカンの王様」と言える「あづまジンギスカンスペシャル」。

添加物は一切使用せず脂身をカットしているので羊肉特有のにおいがなく、食べやすいお肉です。

厳選した最高級羊肉のロース、アバラ、スネなどまるごと一頭あらゆる部位を使用しており、「脂身の持つ何とも言えない甘みがたまらない」という熱狂的なファンを持つのが「あづまジンギスカンレギュラー」。

肉本来の味を楽しみたい人はこちらがおすすめです。

厚真町のふるさと納税のお礼の品ともなっている市原精肉店の「あづまジンギスカン」。10000円の寄付でもらえて、使い道は、あつま次世代開拓民育成プロジェクト、あつまの農業経営者育成プロジェクト、本気で取り組む放課後プロジェクト、ママと赤ちゃんの笑顔プロジェクト、いつでもおいでねあつまプロジェクト、魅力あるまちづくりに活用から6つから選択することができます。
炭火で豪快に焼いたりジンギスカン鍋を使うのが北海道流ですが、ホットプレートでももちろん美味しく食べられますよ。

「ふるさと納税」寄付金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。
寄付を希望される皆さまの想いでお選びください。

(1)あつま次世代開拓民育成プロジェクト
(2)あつまの農業経営者育成プロジェクト
(3)本気で取り組む放課後プロジェクト
(4)ママと赤ちゃんの笑顔プロジェクト
(5)いつでもおいでねあつまプロジェクト
(6)魅力あるまちづくりに活用
(7)誰もが主役のあつま福祉プロジェクト

魅力あるまちづくりに活用をお選びいただいた場合は、町政全般に活用いたします。

サロベツファームの王様のジンギスカン

今回紹介するのは、王様のジンギスカン。
王様です。
高貴な雰囲気満々です。

イギリスでは子羊の肉は超高級料理。
ヨーロッパでは 子羊の肉が最高の食材といわれ、牛肉よりも価値が高く
イギリスの王室料理として定着しているのです。

そんな王様のジンギスカンを製造していて多くのファンがいるのがサロベツファーム。

サロベツファームは、豊富町にある小学校の廃校した建物を利用し、
ハムやソーセージ、そしてジンギスカンなどを製造、販売しています。

もちろん人気は、王様のジンギスカン。

肉厚の生ラム肉をサロベツファーム特製のタレで漬け込んだ絶品のジンギスカンです。

 

 

●ココでしか作れない、メイドイン豊富町のジンギスカン

サロベツファームの代表・板谷さんはもともと食品会社の開発担当。
永年培った食肉加工技術を生かすために、サロベツファームを創設。
地場産品へのこだわりを持ち、ここでしか作れない、味わえない食材をと
誕生したのが王様のジンギスカンなのです。

 

 

王様のジンギスカンのココがスゴイ!!

サロベツファームはソーセージ作りがメイン。
人気のソーセージは素材にこだわり良質な生肉だけをセレクトしています。

そのノウハウを最大に生かし、最高級の部位だけを選別。

使用しているのは、メリノ種のラム肉。

一般的にジンギスカンで使用されるものはサフォーク種が多いのですが、

メリノ種は、サフォーク種よりも羊毛の価値が高く、

肉質が柔らかくとてもジューシーなのです。

さらに肉のうまみを最大限に引き出す特製タレを使用。

再供給部位の肩ロース部にたっぷりタレがブレンドされた、まさに王様のジンギスカンです。

 

ピリ辛ダレがクセになる!倉田さんのジンギスカン 剣淵町

「絵本の町」として知られる剣淵町は、旭川から車で北へ約1時間。
人口3200人ほどの小さな町です。
“倉田さん”こと「倉田精肉店」は町で唯一のお肉屋さん。
このお店のピリ辛の甘辛ダレがクセになるジンギスカンは、ふるさと納税のお礼の品にもなっています。

★絵本の町・剣淵町

剣淵町の顔ともなっているのが、世界中の絵本、約4万冊を収蔵している「絵本の館」です。
1991年のオープン当初は旧役場庁舎を改装しただけの施設でしたが、2004年に新築移転し、ニューオープン。
「絵本の館」では絵本原画展、読み聞かせ、絵本作りといったイベントや、全国への絵本の貸し出しを行っています。
中でも、来館者の投票によって賞を決定する「けんぶち絵本の里大賞」は毎年町民も楽しみにしている人気のイベントです。
たまご型の館内は木のぬくもり溢れるくつろげる雰囲気。
背の低い本棚いっぱいに絵本が置かれた「えほんのへや」には赤ちゃん絵本から昔話、動物や植物の絵本、乗り物の絵本、紙芝居、大型絵本や布絵本といった様々な種類の絵本があります。
おままごとで遊べる「ごっこはうす」や「木のパズル」もあり、靴を脱いで家にいるような感覚でゆっくりとくつろげるスペースです。
学生や大人向けの一般書閲覧室と読書室では、大人もゆっくり本を読むことができます。
「絵本の原画展」や「アート展」などを行う展示ホールも、木のぬくもりを感じられる落ち着いた空間。さらに「らくがき」という喫茶店まであり、静かで有意義な時間を過ごすことができる施設です。
剣淵町は小さな農村。
だからこそ、都会ではできない文化の町を目指しました。
絵本のすばらしさと出会った町の青年有志が「けんぶち絵本の里を創ろう会」を設立したのが1988年のこと。
ヨーロッパの農村に似ている剣淵の街並みには、絵本原画美術館が似合うとのアドバイスも受け、その年に初めて絵本原画展が開かれました。以来、様々な活動を通して絵本の魅力を発信しています。

★“倉田さん”こと倉田精肉店

創業50年以上と長年に渡り地元の人に親しまれている「倉田精肉店」の店舗は、絵本の館にほど近い984号線沿いにあります。

こちらのジンギスカンの特徴はというとずばり、タレ!にんにくの効いたピリ辛の甘辛ダレです。
ジンギスカンは焼いたお肉にタレをつける食べ方と、タレに漬け込んだお肉を焼く食べ方の2通りがありますが、
倉田さんのジンギスカンは後者、お肉を漬け込んでから焼くタイプです。
そのため、ピリ辛ダレがよく染み込み、スパイシーで臭みのないお肉になります。
また、お肉自体が柔らかく筋もないのでとても食べやすいんです。
「ジンギスカンラム1.5㎏」はラム肉900gにピリ辛タレ600gのセットです。
お肉とタレが別々になっているので、食べる前にお肉をタレに30分~1時間漬け込みでから食べます。
北海道の家庭では1家に1台はある「ジンギスカン鍋」で焼きますが、道民以外の方でジンギスカン鍋を持っている方は少ないと思います。
ですが、ホットプレートでも美味しく食べられますので大丈夫!
ホットプレートの場合は、温めたホットプレートに肉、野菜をそれぞれ場所を分けて焼いていきます。
野菜には焼きながらタレをかけるとより美味しくなります。
野菜の上にお肉を乗せて焼く人もいますが、こちらも蒸焼き風になり美味しいですよ。
一緒に焼く野菜は、もやし、キノコ類、玉ねぎなどが一般的ですが、家庭によって様々です。
お好みの野菜をチョイスしましょう。
お肉はあまり焼きすぎず、色が変わった頃が食べごろです。
締めはうどんなどの麺類で!タレも余さず使えて、こちらも絶品ですよ。
お肉を炭焼きすれば香ばしさも加わり、さらにバージョンアップします。

★ふるさと納税でもらえる!

自分の選んだ自治体に、個人の納める住民税の約2割を目安に寄付できるふるさと納税。
この「倉田さんのジンギスカン」は剣淵町のふるさと納税のAコース(1万円以上2万円未満)のお礼の品にもなっています。
剣淵町では寄付金の使い道を、絵本の里づくり事業、教育・子育て、安心なまちづくりなどの6種類から選ぶことができます。

倉田精肉店のお隣には「快楽園」という「倉田さんのジンギスカン」や町民おすすめのホルモンなどが食べられるお店も。
町民御用達の倉田精肉店のピリ辛ダレは、一度食べるとクセになる味。多数のリピーターを持つ、剣淵町自慢のジンギスカンです。

北海道民のソウルフード! ジンギスカン

羊肉と野菜を一緒に焼いて食べる、北海道ではお馴染みのジンギスカン。
北海道では事あるごとにジンギスカンが登場します。
花見で桜の下で、キャンプで、親戚が集まって、などなど集いにジンギスカンはつきもの。
もちろん各家庭でも食べられています。

★ジンギスカンの発祥

ジンギスカンの誕生には諸説あり、モンゴル帝国を率いた「チンギス・カン」が食していたとも言われていますが、モンゴル料理とはかけ離れた日本発祥の料理です。
漢字もあり「成吉思汗」と書きます。
その歴史は第一次世界大戦まで遡ります。
当時、軍服の貴重な素材となっていた羊毛の国内自給が始まり、滝川・札幌の月寒などに種羊場が開設されました。
その際、羊毛だけでなく羊肉の活用法はないかいうことで研究が重ねられ、その末に誕生したのがジンギスカンです。
庶民に広まったのは戦後で、安価で美味しかったことから多く食べられるようになったと言われています。
北海道での第一号店は1946年に札幌の「精養軒」というお店です。
ちなみに、札幌の月寒に開設された種羊場の地名が改称されたのが現在の「羊ケ丘」。あの、クラーク博士の象で有名な観光地「さっぽろ羊ケ丘展望台」のある場所です。



★ラムとマトンの違いは?「L-カルニチン」って?

ジンギスカンを食べるときに必ず目にする「ラム」と「マトン」。
どちらとも同じ羊の肉ですが、何が違うのかご存知ですか?
ラムは生後1年未満の仔羊の肉を指します。
特徴は臭みが少なく、羊肉独特のクセが気にならないこと。
肉質も柔らかめです。
特に生まれたばかりの仔羊の肉はミルクの香りがふわっと漂い、フランスでは高級食材とされています。
ジンギスカンの匂いがイマイチという人、初めて食べる人はラム肉の方が食べやすいかと思います。
マトンは生後2年~7年くらいの羊の肉のことを言います。
ラムとは対照的に牧草から来る独特のクセのある味が特徴です。
成長した分肉は締まり、赤みが強くなります。羊肉が好きな人はマトンの方が満足できるでしょう。
そしてこの二つの中間、生後1年以上~2年未満の「ホゲット」と言われる羊肉があります。
日本では耳にすることは少ないですが、ラムよりはクセがあり、マトンより臭みが少ない程よい食べやすさです。
食べる際は、自分好みの肉をチョイスして下さいね。
そして今、羊の肉に含まれる「L-カルニチン」という栄養素が、ダイエットに効果があると注目されています。
「L-カルニチン」とはアミノ酸の一種で、摂取してから運動すると脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットに効くと言われています。
また、肥満による高血圧、糖尿病と言った生活習慣病の予防にも効果的。
現代の日本人に嬉しい成分なのです。
また、L-カルニチンには体を温める働きもあり、特に女性に多い冷え性にも効果があるようです。
熱々のジンギスカンを食べて体の芯から温めたいですね。

北海道北見市の人気焼き肉店・味覚園のジンギスカンをお取り寄せ

★食べ方は2通り

ジンギスカンにはあらかじめタレに漬けた肉を焼いて食べる「札幌式」(味付け)、焼いてからタレをつけて食べる「滝川式」(生)の2つの食べ方があり、地域によっても異なっています。
基本的にはクセの強いマトンは「札幌式」で食べることが多いですが、あとからタレをつけて食べるのももちろんアリ。
タレには臭みを取るために生姜やニンニク、リンゴなどの果実が使われていることが多く、肉の旨みと一緒にタレの味わいも楽しめます。
柔らかいラム肩ロースなどは厚めに切ると、より肉の味が濃厚に。
市販のタレはもちろん各社味が違いますし、お店によっても違うので食べ比べなんかも楽しみたいですね。
小さいころから食べ慣れている道民は、さっぱりしたラムよりも濃厚なマトンの方が好みという人も多いです。
ジンギスカンで使用されるのは中央が盛り上がった「ジンギスカン鍋」と呼ばれるもの。
鍋が熱くなったら鍋の低い部分に野菜類を敷き詰めます。
お肉は中央の山の部分。
肉の周りが白っぽく焼けてきたら裏返し、あとはさっと焼くだけでOK。タレをたっぷりかけて完成です。
お肉の乗っている山の上の方からかければ野菜にもしっかり味がついて美味しく食べられますよ。
ジンギスカン鍋を持っていない人も多いと思いますが、フライパンやホットプレートでもコツを抑えれば美味しく出来上がるので大丈夫。
フライパンで調理するときは野菜とお肉を別々に焼くのがポイントです。
まずは野菜にタレをかけて煮込んだらいったんお皿へ。
フライパンをきれいにしてからお肉を焼きます。
色が変わったら野菜と一緒に盛り付けて完成です。
ホットプレートの場合のポイントは、野菜とお肉の焼く場所を分けること。
こちらもまずは野菜から入れて、次にお肉を焼きましょう。
お肉を入れたら野菜にタレをかけ煮込みます。ジンギスカンはご家庭でも美味しく食べられるんですよ。

道民のエネルギーの源であるジンギスカン。
それは北海道に根付く大切な文化でもあります。
美味しくて安いのもジンギスカンの魅力!おすすめの店なども様々なサイトに掲載されています。
少し抵抗がある人はラムからトライすると良いですよ。