メークイン~十勝・帯広産の甘さが自慢のじゃがいもです

「メークイン」はイギリスで誕生し、中世時代の春のお祭り「メーデー」で選ばれる女王にちなみ、
「5月の女王」=メークインと名付けられたと言われています。
北海道の中でも十勝・帯広産のメークインは甘さがあって特に美味しいと評判です。その訳は十勝周辺の土地と気候にありました。

★メークインってどんなじゃがいも?

メークインは細長い俵型をしていて、黄色みが強く粘りとなめらかな舌触りが特徴です。
そのため煮崩れしにくく、カレー、シチュー、肉じゃがといった煮込み料理に向いています。
また、低温で保存しておくと、粘りと甘みが増す性質をもっています。
メークインの発祥は道南の厚沢部(あっさぶ)町。役場の裏にはメークイン発祥の碑も建てられています。
誕生したのは「男爵」よりもずっと後、大正時代です。
しかし、昭和20年までは食料統制で、食用のじゃがいもは男爵だけとされていたため、メークインはさほど注目される品種ではなく、細々と生産されている程度でした。
戦争が終わり、食糧難も過ぎたころから徐々に人気が出始め、ピーク時の北海道全体の作付面積は9926haにもなりました。
また、メークインにはカリウムやビタミンC、ビタミンB群が多く含まれています。そのため、高血圧やがんの予防、若さを保つ効果があります。
ほかのいも類や穀物に比べて低カロリーで繊維質も豊富なことから、美容やダイエットに適した食材と言われています。

★十勝・帯広産のメークインが美味しいワケ

じゃがいもの生産量日本一を誇る北海道。
北海道がそんな“じゃがいも王国”となったのには北海道の“気候”大きく関係していました。
じゃがいもの原産地は南アメリカの中央アンデス山脈と言われており、そこは標高3000mを超える高地です。
そんなアンデス地方の気候に似て寒暖差が大きく、広大で肥沃な土地を持つ北海道はじゃがいも作りに最適な環境だったのです。
また、じゃがいもは強い風や寒冷な気候にも耐えるため冷害の影響を受けず、
痩せた土地でも育ち、作付面積当たりの収穫量も多いため外国では飢饉対策に使われます。
北海道の厳しい自然の中でもよく育つことから、いつしか生産量は日本一となったのでした。
中でも帯広市大正町で生産される「大正メークイン」は、北海道のメークイン作付面積の約30%を占めています。
それは十勝地方の気候が北海道の中でも特にメークインにとって最適な環境だから。
メークインの生育適温は16℃~20℃で、17℃が形成適温とされています。
さらに生育には夜の気温も重要で、10℃~14℃がベストコンディション。
夏は目一杯陽を浴びて光合成を行い養分を蓄える時期ですが、気温が29℃を超えると生長をやめてしまいます。
つまり、十勝地方の昼と夜の寒暖、そして夏場の気温がメークインの好む条件にぴったり当てはまっているため、盛んに生産されているのです。
収穫したメークインは甘さ、美味しさとも格別です!
また、十勝地方にある芽室町の農家ではじゃがいもを「雪室(ゆきむろ)」で熟成貯蔵させる方法を取り入れています。
冬に降った雪を蓄えた“天然の冷蔵庫”である雪室は2℃~4℃という温度と90%の湿度をキープでき、この状態がじゃがいもの熟成に最適です。
雪室で熟成されたじゃがいもは、寝かせている間にでんぷんが糖に変わることでしっとりと甘くなり、東京のレストランなどでも好んで使われているなど需要も多数。雪室でしか作り出せないこの甘さが最大の特徴です。

★帯広大正メークインまつり

収穫したてのメークインをみんなで味わい秋を満喫しようという「帯広大正メークインまつり」は2017年で41回目を迎えました。
毎年9月に行われる、まさに帯広の秋の風物詩とも言えるお祭りです。
大人気のいも詰め放題には毎年長蛇の列が。いも煮が無料で振る舞われるほか、いも団子やコロッケなどが販売されるメークインを楽しむ絶好の機会です。
JA帯広大正のマスコットキャラクター、メークインの「さつきちゃん」のステージも行われ毎年たくさんの人で賑わっています。

生産に最適な土地だからこそ、格別の美味しさと甘さを引き出せる。
十勝・帯広産のメークインは“じゃがいも王国”北海道の中でも最高品質のメークインとして道内のみならず全国で人気のおいもです。

ケタ違いの甘さを秘めた“幻の玉ねぎ” 札幌黄

北海道の県庁所在地であり人口も多く大都市となっている札幌市では、農業も昔から盛んに行われています。
札幌市東区で栽培されている「札幌黄」(さっぽろき・さっぽろきい)は幻の玉ねぎとも呼ばれ、
他の玉ねぎとは比べ物にならない独特の甘さで今注目を集めています。

★再ブレイクのきっかけは「地産地消」

日本で初めて玉ねぎの栽培が始まったのが札幌村(現在の札幌市東区)です。
札幌黄は明治4年に欧米から輸入した種子を栽培したのが最初とされている歴史ある玉ねぎ。
札幌村の肥沃で風が強く乾燥しやすい土地が玉ねぎ作りに適した環境だったことから、その後作付量は急激に増えました。
札幌村は有数の玉ねぎの産地になり、昭和40年代には生産の最盛期を迎えます。
しかしそのピークも束の間、昭和50年ごろになると病気に強く品質が安定している
「F1種」(一代交配種)が登場したことにより、札幌黄を生産する農家が減り生産量は激減。
札幌黄は人々から忘れ去られてしまいました。
そんな札幌黄が再び脚光を浴びるきっかけとなったのが近年高まった「地産地消」の運動です。
札幌黄を絶やすまいとして細々と生産を続けていた農家があったおかげで、また人々に愛される存在になったのです。

★加熱するとさらに甘さがアップ

札幌黄の特徴は何といってもその甘みです。
一般的な玉ねぎの糖度が10度前後なのに比べて、札幌黄は13度。
北海道の夕張メロンの特秀(最上ランク)が13度以上ですから、その甘さが伝わるかと思います。
そして加熱すると辛味が消えて甘みがさらに増します。
驚くことにその糖度はなんと30度!
フルーツの中でも特に甘いとされる巨峰でも高いもので糖度約20度なので、フルーツ以上の糖度なんです。
また、他の玉ねぎよりも肉厚で柔らかく、甘みと辛味のバランスがいいことも特徴です。
しかし病気に弱く、形が安定しないこと、
日持ちしないことから生産量は少なく市場にもあまり流通していません。
ずば抜けた甘みとその入手のしづらさから“幻の玉ねぎ”と言われています。
札幌黄の甘みに惚れこんだ人は多く、市内では札幌黄を使用している料理店がいくつもあります。
「玉ねぎは絶対に札幌黄」というお店もあるほど。
甘みと辛味のバランスの良い札幌黄は、料理に向いた魅力的な食材だとシェフは言います。
特に向いているのが煮込み料理。カレーやポトフ、ビーフシチュー、スープカレーなどがおススメ。
フジテレビの「ホンマでっかTV」では、北海道出身の大泉洋が札幌黄を使った「北海道オムライス」のレシピを紹介。
魅力をアピールするとともにその味を絶賛しました。

★魅力をより多くの人へ

2007年に“食の世界遺産”と言われる「スローフード協会国際本部(イタリア)」の「味の箱舟」(その地方の伝統的かつ固有は在来品種のうち、消えてしまう可能性のある希少な食材を世界的な基準で認定。
地域における食の多様性を守るためのプロジェクト)に認定された札幌黄。
札幌市がPRのために1週間、札幌黄を取り扱う飲食店、スーパー、八百屋などにのぼりを掲げてアピールする「札幌黄ウィーク」を開催しているほか、「札幌黄ふぁんくらぶ」という札幌黄の魅力を発信している機関も登場し、より多くの人に手に取ってもらいたいという地元の期待も高まっています。
札幌黄は収穫量が少ないことから流通時期が限られており、9月上旬に収穫を迎えると9月下旬ごろ~2月頃の期間のみ流通します。
フルーツを超える甘みを持つ奇跡の玉ねぎ、それが札幌黄です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 北海道産 幻の北海道玉ねぎ 札幌黄M〜Lサイズ 10kg
価格:3480円(税込、送料無料) (2017/12/21時点)

札幌大玉キャベツは、甘くてデカイ!

北海道の野菜といえば
ホックホクのじゃがいもや
フルーツのように甘~いトウモロコシが有名ですが、
ファンの多い商品が、札幌大玉キャベツなのです。

◎市販のキャベツの10倍以上の大きさ!

大玉キャベツという名前からわかるように
このキャベツ、デカいのです。
どれくらい大きいかというと、通常市販されるキャベツの10倍以上の大きさ。
重さにして10キロ~15キロのキャベツも当たり前にあるというからビックリ。
なぜここまで大きなキャベツが作れるかというと、
栽培方法に秘密が隠されています。
通常のキャベツだと60日~90日程度で収穫するのですが、
札幌大玉キャベツは、そこからさらに60日。
150日ほどの長い日数をかけて栽培するのです。

◎大きなキャベツは、甘~いぞ!

通常のキャベツよりも長い期間栽培して収穫される大玉キャベツ。
栽培期間が長いことで、普通のキャベツよりも養分を多くため込みます。
そのため糖分も増え、甘い甘いキャベツが誕生するのです。

◎みのもんたも驚く、BIGキャベツ

札幌大玉キャベツは、そのデカさが話題で各メディアでも多く紹介されています。
地元北海道のニュースやワイド番組でもたびたび取り上げられ、
通常のキャベツと大玉キャベツを並べたり、
女子アナが実際に札幌大玉キャベツを持ち上げてみたり、
真ん中からスパッと包丁で切ってみたり、
さまざまな思考を凝らした演出で、札幌大玉キャベツを紹介しています。
全国放送で紹介されることもあり、
日本テレビの人気テレビ番組「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW」でも大玉キャベツが紹介されました。
その時、実際に計測した大玉キャベツの重さは、なんと14キロ。

◎絶品漬物が作れちゃう!

大玉キャベツを使った料理は、なんといっても漬物。
ニシン漬けや飯寿司などに使われることが多いようです。
さらには、甘みが強いのでロールキャベツにも向いています。
鍋に入れれば水を少なめでキャベツから出る甘みが良い出汁になることでしょう。

ちなみに大玉キャベツの栽培地は、北海道のみ。
甘くてデカイ大玉キャベツは、北海道だけの逸品なのです。
出荷予定は、10月下旬から11月上旬。
数は少なく、この時期しか栽培することができないので
幻のキャベツと言われることも!
希少で貴重な札幌大玉キャベツ。
産地直送送料無料でお届け中。
数に限りがありますのでお急ぎください。
札幌大球キャベツ

北海道じゃがいもをお取り寄せ

食の産地北海道。
味覚の秋の代名詞でもあるのがじゃがいも。
自然の恵みがたくさん詰まっているじゃがいもは北海道産が一番です。

・涼しい気候とじゃがいもの相性
北海道は涼しい気候は、じゃがいもとの相性がピッタリ。
じゃがいもは、全国の産地でも1位の収穫量を出しています。
気候的には夏頃からが新じゃがとなっており、甘みが増すのが秋のじゃがいもとなっています。
西の地域の新じゃがは春先であり、北海道は夏頃から食べやすい季節となってきます。
そして男爵いもやメークインを始めとする色々な種類のじゃがいもは様々な料理にも相性が良いのでおすすめとなっています。

・甘さも濃度も抜群なじゃがいも
北海道のじゃがいもというものは、でんぷんなどを多く含むものが多いのが特徴です。
そしてなんといっても、ホクホク感が魅力。
お口の中でホクホク感がたっぷりの食感がたまりません。
夏から秋にかけての男爵いもは定番中の定番ですが、
比較的形崩れをしないのでカレーや煮物、豚汁などの料理などで大きなゴロゴロとした食感を味わえるのも嬉しいです。
また最近人気になってきているのがキタアカリという栗色のじゃがいもであり、これは男爵いもよりもかなり濃い目の味と栄養素となっています。
煮崩れをし易いので加工などをする料理に向いているので、コロッケやポテトサラダなどで味わうとその濃厚な甘さと旨味を体験できるでしょう。

・冬にも食べたい北海道のじゃがいも

新じゃがが夏あたりであり、旬の季節が秋頃という北海道のじゃがいも。
その多くは越冬をすることになりこれも甘みが増して美味しいものとなっています。
北海道とじゃがいもと言ったらじゃがバターが定番。
これも北海道の越冬をするじゃがいもと合わせると濃厚なバターと良い味が出て格別です。
実際に冬の市場に出回るのも北海道産のものが多く味に関しては冬でも各種の料理に合うので、冬のじゃがいもはやはり北海道が格別なんです。

北海道のじゃがいもといえば・・・

ホクホクに茹でたじゃがいもにバターをのせる。

そんなシンプルな料理ですが
これだけでTHE北海道のうまさを堪能。
アツアツホクホクのじゃがいもにとろけるバターの相性は最強です。


写真は黄色い中味が特徴的な北あかり。
北あかりは、甘みが強く食事はもちろんおやつにも適しているじゃがいもです。


北海道産の希少なじゃがいもの
インカのめざめ。
普通のじゃがいもと比べて糖度が高いのが特徴的。
さつまいものような風味のインカのめざめは
栽培が難しいじゃがいもといわれていて
北海道でも栽培している地域が少なく
幻のじゃがいもと呼ばれています。

北海道じゃがいもお取り寄せはコチラ