【北海道池田町】ハッピネスデーリィ絶品牧場の生ソフトクリーム

ワインの町として知られる池田町は、十勝平野の中央やや東寄りに位置する広々とした平地が広がる町です。
118年の歴史を持つ嶋木牧場の敷地内にある「ハッピネスデーリィ」では、
乳牛から搾ったフレッシュな生乳を使用した「生ソフトクリーム」が大人気。驚きのコクとなめらかさです。

★ワインの町・池田町
池田町では町の農業振興のため、町営でブドウ栽培、さらに収穫したブドウを使ったワイン醸造を行っており、そのワインは「十勝ワイン」として広く知られています。
同時に、冬はマイナス20度下回り厳しい寒さとなる池田町でも育てやすいブドウを作るため、
町が独自で耐寒性ブドウ品種の研究開発に取り組んでおり、町内各地にある直営圃場では試験栽培も行っています。
成人式では自分の生まれ年のワインで乾杯するとともに、町からの記念品としてワインが贈られます。
記念品のワインには、中学校で町の産業を学ぶため授業の一環として行われる「ブドウ収穫」で自分たちが収穫したブドウが使われます。
ワインの町ならではの素敵な取り組みですね。
2005年には池田町出身のアーティスト「DREAMS COME TRUE」(DCT)の吉田美和さんにまつわるたくさんの資料を保管・展示する「DCTgardenIKEDA」が完成しました。
さらに2009年には、十勝ワインの醸造を行っている池田ブドウ・ブドウ酒研究所(ワイン城)に新たな観光ブドウ園「DREAMS COME TRUE VINEYARD」通称ドリカムブドウ園が誕生。
こちらは池田町とドリカム所属事務所であるディーシーティーガーデンが共同で運営しています。
両者が協力してワイン造りの原点であるブドウ栽培に取り組み、様々な形で発信するほか、参加型イベント等も開催し最終的にはブドウ園オリジナルワインといったオリジナリティの高い商品づくりを目指しています。
ドリカムブドウ園は、ドリカム、ドリカムファン、十勝ワイン、十勝ワインファン、池田町民、みんなの夢をかなえるための「架け橋」としての役割を担う存在として期待されています。

★ハッピネスデーリィ
池田町清見ケ丘に建つ、緑の屋根に茶色い壁の建物がハッピネスデーリィ。
帯広から車で約30分、札幌からは約3時間の距離にあるこちらは、日本テレビ「ヒルナンデス!」の「初夏の北海道物産展食べつくすンデス!」でも紹介されました。
フレッシュな生乳から作ったアイスクリーム、ナチュラルチーズなどの乳製品を製造・販売しています。
嶋木社長がアメリカでのファームステイでの出会いを元に設立したハッピネスデーリィ。
嶋木牧場ではホルスタイン種200頭を飼育しています。
チーズ工房「ハッピネスフロマージュ」では人気の「ラクレット」などのスイス系山のチーズを製造しており、ナチュラルチーズのほかに、パンの販売も行っています。

★アイス選手権で全国1位!

2014年、「ニッポンふるさとアイス選手権」甲子園大会・東京大会では、
売上数、売上高ともに47都道府県49品中第1位となりグランプリを受賞。
さらに2016年の東アジア最大の食品展示会「FOODEX JAPAN アイスクリームグランプリ」では、全国からノミネートされた食品の68品中、「最高金賞」を受賞した「ハッピネスデーリィ」の「生ソフトクリーム」。
人気の理由はなんと言っても濃厚なミルクの味となめらかな食感です。口に入れた瞬間に違いが分かる濃厚さ、なめらかさの秘密は「生乳」を75%も使用していること。
「生乳」と「牛乳」にはちがいがあり、「生乳」は牛から搾ったそのままのミルク、「牛乳」は「生乳」を加熱殺菌し均質化したものを言います。
「ハッピネスデーリィ」の「生ソフトクリーム」は嶋木牧場で毎朝搾りたてのフレッシュな生乳を75%も使用しているからミルクの味が濃厚で、非常になめらかなのです。出来上がった「生ソフトクリーム」は機械を使わず一つ一つ手作業でカップに詰められています。

池田町の特産品・ワインにも負けない人気を誇る「ハッピネスデーリィ」の「生ソフトクリーム」は、ふるさと納税お礼の品(寄付金10000円)にもなっています。
期間や数量を限定しないアイスクリームでは全国最高レベルの18個入りとなっており、寄付金の使い道は、子どもの育成及び教育・夢づくりなどに関する事業、ワイン振興に関する事業、福祉及び医療などに関する事業、町有林野の育成と振興に関する事業、おまかせの5つから選ぶことが出来ます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハピネスデーリィの大人気生ソフトクリームアイス12個入り 【i】
価格:5560円(税込、送料無料) (2018/2/13時点)

花より団子?!桜のまちのお菓子屋さんスイートますや

新ひだか町静内の「二十間道路桜並木」は日本有数の桜の名所です。
雄大な日高山脈を望む全長7㎞の直線道路沿いに、およそ3000本もの桜が咲き誇る姿は雅な美しさ。
日本の道100選・さくら名所100選・北海道遺産にも選ばれ、毎年約10万人の観光客で賑わいます。
ここ、静内にある老舗菓子店「スイートますや」は丁寧に手作りされた繊細で鮮やかなケーキや和スイーツが大好評。
バレンタイン時期限定のケーキなど期間限定スイーツは要チェックです。

★毎年恒例の「しずない桜まつり」

道の幅が二十間(約36m)であることからその名がつけられたとされる「二十間道路」は、かつて静内にあった宮内省の御料牧場を視察する皇族の行啓道路として整備されました。
春になると、近隣の山々から移植されたエゾヤマザクラ、カスミザクラ、ミヤマザクラなど約3000本が一斉に花を咲かせます。
北海道に桜の季節が訪れるのはゴールデンウイーク頃。
「二十間道路桜並木」は5月上旬~中旬にかけて見頃を迎え、それに合わせて50年以上続く「しずない桜まつり」が開催されます。
例年多くの観光名所が訪れる祭り期間中は、JR静内駅から会場への臨時バスが運行、また臨時駐車場、レンタサイクルが準備され、イベント広場では新ひだか町のお土産を販売する出店も登場し、賑わいを見せます。
「二十間道路」の両脇には種馬場があり、正面にそびえ立つ日高山脈に向かってまっすぐに伸びる道路と満開の桜の眺めは北海道ならではの雄大さです。
「二十間道路桜並木」の終点にあるのは、優美な御殿造りの「竜雲閣」。
明治時代に御料牧場の貴賓舎として建設され、皇族を始め多くの名士高官が滞在しました。
当時の貴重な屏風、掛け軸、揮毫額や皇族の方々が使用した家具、馬具などの国宝級の品が所蔵されており、天皇皇后両陛下も訪問されています。
「しずない桜まつり」の期間中に限り、一般公開され、貴重な建物を一目見ようと人々が訪れます。

★どれを買おうか迷っちゃう!

北海道は素材の宝庫。
お菓子作りに最適な素材が手に入ります。
「スイートますや」で使用している卵は、地元新ひだか町にある鈴木養鶏場から毎日届く生みたての卵。ふっくらとハリのある新鮮な卵です。
牛乳は日高山脈の秀峰、ほろしり岳の麓で育ったホルスタインから搾ったホロシリ牛乳。
新鮮だからこそできる低温殺菌で、栄養も風味も損ねないまろやかな口当たりです。
「スイートますや」には心惹かれるお菓子がたくさん。
昭和ノスタルジーなバタークリームケーキは、懐かしい昔の味をそのまま再現しています。

りんごのシブースト

毎年1月中旬~末までのたった2週間しか販売しない冬季限定スイーツ。
シブーストはカスタードクリームとメレンゲのふんわりとしたクリームに、焦がしたカラメルの組み合わせが特徴のお菓子。
「スイートますや」のりんごシブーストはバニラビーンズたっぷりのカスタードクリームに、メレンゲの代わりにゼラチンを合わせてなめらかさもプラス。
本格的なフランス菓子が「スイートますや」らしく親しみやすい優しい味わいになりました。
りんごの甘酸っぱさをフランソースの甘さが優しく包み、ほろ苦いキャラメリゼとのバランスが絶妙。
なめらかなカスタードクリームとサクッとしたタルトとの相性は抜群です。
ネットでも扱うお店が少ないのでなかなか手に入らなので、ゲット出来たらラッキーですよ。

ハートショコラ

1月中頃~3月中頃までのバレンタイン時期だけしか販売されない期間限定ケーキ。
ガーナ産のスイートチョコレートをたっぷり練りこみ厚めに焼いた、ビターで大人なハート形のガトーショコラです。
その上にはキュートな大ぶりのバラが。
生クリームの花びら型を一枚一枚搾ったパティシエ特製のバラアートは、パールのように輝くアラザンがちりばめられています。
バレンタインにぴったりのハートショコラは、専用のボックスとメッセージカード付きなので、思いを伝えたい彼にそのまま渡せちゃいます。
また、チョコプレートは他にも、「ホワイトデー」「バースデー」「For You」に変更可能。バレンタイン以外のプレゼントにも使えますよ。

フラワーショコラ

ベルギー産のチョコレートと北海道産の純生クリームを使用した、まろやかなチョコ生クリームたっぷりのふんわり柔らかいケーキです。
子どもからお年寄りまで食べられるように甘さは控えめに。
ココア生地のスポンジに、花をイメージして搾ったチョコ生クリームとナッツとクルミをトッピング。
濃厚ながらもソフトな甘さで飽きのこない味は、店長イチオシです。

バタークリームケーキ

卵と牛乳たっぷりのスポンジに、特製バタークリームをコーティングした昔懐かしい風味と、ロマンチックなデザインが印象的なケーキです。
子どもの頃に食べたあの味…!と喜ぶお客さんも多数。
北海道産の雪印バターのみ使用し、口の中で溶けていく優しいバタークリームに仕上がっています。
スポンジにはバタークリームとアプリコットジャムをサンド。
コクのあるバタークリームを堪能したい方は完全解凍後、常温に60分~90分ほど置いてから食べるとベストです。
可憐な淡いピンク色のバラは天然色素の紅麹を、リーフはクチナシを使用しているので安心して食べられます。
バラはオプションで3輪に増やすこともできますよ。

バタクリロール

ムースのようなエア感のある新感覚のバタークリームを使用したバタークリームロールケーキ。
しっかりバターが感じられるのに、クリームの軽さとスーッと解ける口どけは今までにない新鮮さです。
昭和のバタークリームケーキの定番、真っ赤なドレンチェリーでノスタルジックな雰囲気に。
ロールの真ん中には甘酸っぱい杏ジャムも入っています。
今では希少な存在となってしまったバタークリームケーキ。
重くてくちどけが悪いというイメージを持たれがちですが、それはバターの代用にマーガリンとショートニングを使用したものが主流だったためでした。
そんなイメージを払拭すべく「スイートますや」の平成生まれのパティシエが試作に試作を重ねて完成したのがこの“平成のバタークリームケーキ”です。
マーガリン、ショートニング等植物油脂を一切使用せず、良質なバターだけで作っているから口どけが良く重さもありません。
バタークリームケーキにマイナスなイメージがある人もきっと概念が変わるはずです。

たまごチョコロール

数々のメディアで紹介されているロールケーキです。
札幌市の地下街・オーロラタウンにある北海道セレクトショップ「きたキッチン」に出品した際には、昼過ぎには完売してしまいました。
静内産の採れたて卵をふんだんに使用した厚めのふんわりスポンジとコクのある北海道産の純生クリームは相性抜群。
周りは「スイートますや」特製のチョコレートでコーティングされています。
ふんわりしたたまご生地とパリっと硬めのスイートチョコレートの異なる2つの食感とレトロな味わいが楽しめます。
デザート博覧会(ナムコデザートオブザイヤー2005)ではロールケーキ部門で全国第4位を獲得!
テレビ朝日「お願い!ランキング」では美食アカデミー北海道スイーツ編で堂々の第1位に輝きました。

テレビや雑誌などで紹介される機会も多い「スイートますや」には、天皇陛下献上菓子である「ライディングしずない」、静内が舞台となった映画「北の零年」をモチーフとした「北の零年」などなど、他にも魅力的なお菓子が盛りだくさん。
鮮やかで可愛らしいお菓子たちが待っていますよ。

オーセントホテル小樽のガレット・デ・ロワ

「ガレット・デ・ロワ」は、これを食べないと1年が始まらない、というほどフランスではなじみの深いお菓子です。
「オーセントホテル小樽」では毎年1月に「ガレット・デ・ロワ」を販売。
高級感溢れるホテルが贈る、上品な味わいが大好評です。

★オーセントホテル小樽

JR小樽駅から徒歩5分、小樽の代表的な観光地小樽運河から徒歩5分、メルヘン交差点から徒歩15分とアクセスのよい場所に建つ「オーセントホテル小樽」。
コンセプトはオーセンティック、つまり本物のおもてなし。
第11回小樽都市景観賞を受賞した、洗練されたホテルです。
また、「オーセントホテル小樽」では、ホテルに併設されているベーカリーショップ「オンディーヌ」で焼かれるホテルブレッドやケーキが大好評です。
こちらを目当てに宿泊するお客さんも多数。
楽天でのネット販売も行っており、シュトーレンやオーストリア伝統のチョコレートケーキ・ザッハトルテなどは北海道のみならず全国にファンがいます。
また、「洋梨とハスカップのタルト」「ハスカップガレット」「北海道ふろまーじゅあずき」など北海道らしい素材を使用したお菓子も人気です。
10種類もある焼き菓子はバラでも購入可能です。

★1年を占うお菓子「ガレット・デ・ロワ」

年が明けるとやって来るのが数量限定で販売される「ガレット・デ・ロワ」の季節です。
「ガレット・デ・ロワ」は1月6日のキリスト教のお祭り「公現祭(エピファニー)」で食べられるフランス菓子。
この日はキリストの誕生を祝うために東方から三博士が訪れた日と言われています。
「ガレット・デ・ロワ」とは、ガレット=円形のお菓子、ロワ=王様、で「王様のケーキ」という意味です。
フランスのパン屋さん、お菓子屋さんには年が明けると「ガレット・デ・ロワ」がずらり。
正式には1月8日に食べることになっていますが、現在は日付にこだわらず、1月に家族や友人など皆が集まった際に食べる風潮になっています。
「ガレット・デ・ロワ」は一年の運試しとして楽しまれています。
お菓子の中にたった一つだけ入っているフェーブという小さな陶器の人形が、切り分けた自分の分に入っていれば“当たり”!
その人はその日“王様”または“王妃様”になり、王冠をかぶって過ごし、皆に祝福されます。
そして“王様”または“王妃様”は相手の王様、または王妃様を指名できます。
また、フェーブが当たった人は幸福が1年続くとも言われています。
フェーブはそら豆という意味で、昔はそら豆を使用していたそうですが、現在では人形など様々な形の陶器になっています。
お店によってフェーブのデザインも様々でコレクションする人もいるんだとか。
どれも可愛らしいデザインなのでコレクションしたくなるのもわかりますね。

★金時豆が“当たり”の印!

毎年大好評の「オーセントホテル小樽」の「ガレット・デ・ロワ」。
直径約14㎝のサクサクのパイの中には良質なバターを使用したアーモンドクリームが敷き詰められています。
フェーブには金時豆を使用し、陶器製のフェーブは別添となっているので安心して食べられます。
種類はいくつかありますが、どれも可愛らしいので届いてからのお楽しみ。
そして、王冠も付いているので、フェーブが当たった人はかぶってくださいね。
また、白い化粧箱に入っているので、自宅用だけでなく贈りものや手土産にもぴったりです。
大勢で集まった際に持っていけば、楽しく盛り上がれそうですね。

フランスで生まれた、新しい年を占うお菓子「ガレット・デ・ロワ」。
日本でもじわじわ人気が広がりつつあります。
「オーセントホテル小樽」では、数量限定販売で1月いっぱいの出荷となっているため、気になる方は早めにチェックしましょう。

砂川スイートロード~お菓子通りへようこそ~(下)

プチ・トリフ山屋

色とりどりの可愛らしいマカロンが大人気のお店です。
自家製アーモンドプードルから作るマカロンは定番が8種類、季節限定品と合わせてお店には14種類ほどが並びます。
東京で開業した山屋製パンが砂川に移転し始めたお店で、メロンパン、シベリアといった定番のパンに加え、鮮やかなレインボー・ベーグルも目を引きます。
色彩豊かな個性的なお菓子たちは、見ているだけでわくわくします。

あまとう みに

あずきの優しい風味とほろ苦い抹茶が合わさった「抹茶パフェ」やレジェンドの「クリームパフェ」といった甘味が楽しめます。
「すながわポークチャップドッグ」はお店イチオシ。昔懐かしい小さな喫茶店は地元の人の憩いの場ともなっているようです。

カフェくるみる

社会福祉法人くるみ会が運営する障害者自立支援施設くるみの就労支援施設の1つとなっているお店です。
レアチーズケーキ、手作りパン、新商品のエッグタルトに加え、バラエティーに富んだ軽食も目玉です。
お店の入り口はスロープになっており、1階のトイレは車いすで利用できるなどバリアフリー化されています。

CAFÉ MEDERU

質屋として使われていた建物を改装した古民家カフェです。
道内産の小麦とバターを使用しキビ砂糖で甘みをプラスした「しっとりスコーン」「ふんわりスコーン」がおすすめです。
自家焙煎珈琲と一緒にどうぞ。イートイン、テイクアウトどちらでもOKです。

shiro
砂川本店は壁一面がガラス張りとなっており、太陽が降り注ぐ明るい店内です。
2015年に株式会社ローレルがブランド名を「LAUREL(ローレル)」から「shiro(シロ)」に改名しました。
ローレルブランドは自然素材を配合したスキンケア商品を展開しており、オンラインショップも開設しています。
本店は1Fがカフェ、2Fがスキンケア用品コーナーになっています。甘酸っぱいルバーブのジャムを添えたパンケーキが大人気。
パスタやカレー、スムージーなども含め、すべてのメニューがお洒落な洗練されたカフェです。

季の庭YA-YELL

住宅地に建つ隠れ家的なお店です。開放的な庭にはテーブルとイスが並び、オアシスパークとピンネシリ岳が一望できる素晴らしい眺め。
可愛らしいパフェやオリジナルのパンケーキ、生フルーツ入りのアイスバーなどお洒落でインスタ映えするスイーツが魅力です。
季節ごとに変わる店主自慢の庭で、静かな癒しの時間を過ごすことが出来ます。

老舗から最新のお店まで表情豊かなお店が並ぶ、「砂川スイートロード」。
年に一度のイベント「すながわスイーツフェスタ」はフリーマーケットや市内の菓子店のお菓子をその場で味わえるスイーツ喫茶など、楽しい企画がいっぱい。
砂川スイートロード協議会加盟店のお菓子を一度に味わえる絶好の機会です。
砂川市内外からたくさんのスイーツ好きが訪れる甘~いイベントとなっています。

砂川スイートロード~お菓子通りへようこそ~(中)

岩瀬牧場

国道12号線から少し奥へ行ったところにある牧場に隣接するジェラート店です。
季節ごとに新しい味が登場し、ツウは食べ比べをするんだとか。
「2012年ご当地アイスグランプリ最高金賞」を受賞した「ストロベリーミルフィーユ」と「チーズチップ」はぜひ試したいお味です。

ドーナツカフェ豆豆

毎朝生地を作り、ひとつひとつ丁寧に作ったドーナツを販売しています。
ドリンク、マフィンの他にも手作り雑貨やイギリス雑貨なども置いている、お散歩の途中にふらっと立ち寄りたいお店です。

いよだ

道産の餅米に砂糖、醤油、くるみを合わせた「きぬたもち」がイチオシです。
創業はなんと明治30年。
現在で5代目という老舗です。
「きぬたもち」は昭和30年3月の「全国菓子観光大博覧会」において名誉総裁賞を獲得した、古くから愛されているお菓子です。

カフェポレポレ

人気なのは「ケーキラスク」。
卵白を使ったパウンドケーキをスライスして焼き上げた、サクサク感が楽しいお菓子です。
注文を受けてから豆を挽き、手落としで丁寧に入れるコーヒーと一緒にどうぞ。
スワヒリ語で「ゆっくりゆっくり」という意味の「ポレポレ」。
社会福祉法人くるみ会が運営するホッと落ち着けるカフェです。

Life

ザクザクの食感の「ビスコッティ」はナッツたっぷりの固焼きクッキー。
ホットコーヒーに浸して食べるのがおすすめだそうです。
こだわりのインテリア、雑貨を取り扱っているお店に併設されたお洒落な空間で、ディスプレイされたアイテムを眺めながら楽しめるカフェです。

café笑飛巣

自家製ラムレーズンを使用した「ベイクドチーズケーキ」が人気です。
さらに日替わりランチ、ドリンクなども充実。就労継続支援A型施設として、障害を持った方たちを支援しているお店です。
スイーツの他にもスープカレーやパスタといったメニューも揃っています。

ナカヤ

昭和23年創業の小さなお店はアップルパイで有名です。
道外からもお客さんが買いに来るほど人気のアップルパイは、多い日には1日2000個も売れるというから驚きです。
お店の横にある庭では出来立てのアップルパイを食べることも出来ます。

吉川食品

こだわりの自家製餡を使用したおはぎ、大福、団子のほか桜餅などの季節のお菓子も並ぶ和菓子屋さんです。
北海道産素材でおはぎを作って60年以上。
「日本一のおはぎ」を目指すこだわりのおはぎは小倉、ごま、ずんだ、きなこの4種類が揃っています。

ほんだ

リンゴを使ったお菓子を作っているお店です。
一番人気は「林檎ロマン」。
リンゴの果肉が入ったホワイトチョコレートクリームをサブレでサンドしたシンプルなお菓子です。
材料にもこだわりサブレの材料であるバター、粉乳、砂糖、小麦粉は全て北海道。林檎ジャム、アップルパイ、林檎のブラウニー、といったお菓子が並びます。
さらに、どらやきや羊羹、最中といった和菓子、ゼリー、プリンなどの洋菓子も揃っており、インターネット販売も行っています。