砂川スイートロード~お菓子通りへようこそ~(上)

北海道空知地方の砂川市を走る国道12号線沿いは、ケーキ、和菓子、パン、冷菓類などのお菓子屋さんやカフェがずらりと立ち並んでいます。
「砂川スイートロード」と名付けられたこの場所は、甘いもの好きは要チェックの観光スポットです。

★砂川スイートロードってナニ?

札幌と旭川のほぼ中間に位置する砂川市は日本一の直線道路である国道12号線が走っており、その周辺にはホッと落ち着ける老舗の喫茶店から、お菓子と共に雑貨が並ぶお洒落なカフェ、外観が目を引くお店などなど、それぞれの魅力が詰まったお店が顔を揃えています。
かつて炭鉱で栄えた空知。
交通の要所だった砂川駅は、炭鉱や工場で働く人々が集まる場所であり、100年を超える歴史を持つ商店街も賑わいを見せていました。
肉体労働で汗を流す人たちにとってお菓子は疲れを癒す存在。
また、家族や親戚へのお土産に喜ばれるとして、甘いお菓子は重宝がられました。
そのため競うように砂川のお菓子業界は発展していったのです。
お菓子は砂川の人々には欠かせない存在だったのですね。

「砂川スイートロード」が誕生したのは2003年度。
しかし、それまでの道のりは険しいものでした。
というのも、それぞれの菓子店は地域の労働者のために尽くしていたという気持ちから、税金でまかなわれるこの活動の主役になることに躊躇いがありました。
砂川市の魅力を発信するために協力してほしいと市が粘り強く説明し、ようやく各店の了承を取り付けることが出来ました。こうして、晴れて「砂川スイートロード」が誕生したのです。
また、市民からの「砂川スイートロード」に対する期待も大きいものでした。
実は、砂川の菓子店は独自の組合を作り、親子でケーキを作る講習会を開催するなどお菓子を通じた地域活動を30年も前から実施していました。
お菓子を通じて地域に貢献しよう、という取り組みは砂川で受け継がれる“心”なのです。

★“スイート”に込めた思い

「砂川スイートロード」の“スイート”には甘いという意味の他にも美しい、うれしい、心地よい、という意味があります。
市内の公園やショップ、スポーツなども人々を癒す存在である砂川ならではの“スイート”という心を込めて名付けられました。

★どれも魅力的!「砂川スイートロード」の全16店舗

「砂川スイートロード」にあるお店は、国道12号線沿いに並ぶ11店舗、そしてその周辺の5店舗の計16店舗。
その中には北海道の代表的な菓子店として知られる「北菓楼」の本店もあります。

北菓楼といえば北海道開拓おかき、バウムクーヘン妖精の森、はまなすの恋などが有名です。
北菓楼は夕張メロンゼリーで有名な「HORI」の子会社で、HORIの本社も砂川市内にあります。
また、北菓楼の「ろーるすロール」というロールケーキはここ砂川本店と砂川パーキングエリア「ハイウェイオアシス」でしか買えないレア商品。
店内には喫茶店もあり、軽食とスイーツが楽しめます。
注目したいのはお得なケーキセット。
店内で販売しているケーキの中から好きなものを1個、そこにシフォンケーキ、ソフトクリームがセットになった大満足のセットなんです。
そのお値段なんとドリンク付きで617円(税込)というから驚き!観光客だけでなく地元の人の憩いの場としても人気があります。

虜になる人続出!六花亭のマルセイバターケーキ

北海道のお土産として有名な六花亭のマルセイバターサンドが、ケーキになりました!
2016年に発売されて以降、待ってましたとばかりに店舗でもネットでも品薄状態になるなど大好評の新商品です。

★「十勝マルセイバタ」を使用

「マルセイ」は十勝開拓の父・依田勉三が率いた開拓結社「晩成社」が使っていたバターの商標です。
晩成社の「成」の字を〇で囲んで「マルセイ」と名づけられました。
そして、六花亭が十勝に根付くお菓子屋さんにしたいという気持ちを込めて作ったのが「マルセイバターサンド」です。

そのマルセイバターサンドと、新商品マルセイバターケーキに使われている「マルセイバター」ですが、
実は「十勝マルセイバタ」という商品名で六花亭の直営店などで販売されているんです。
マルセイバターサンド・マルセイバターケーキに使用している無塩バターを家庭用(有塩バター)に改良したもので、
パッケージはマルセイバターサンドにそっくりのデザインです。
十勝マルセバタは六花亭の本拠地である十勝管内で育った乳牛から搾った生乳を100%使用。
十勝管内の生乳は牧草の他にデントコーンを始めとする“畑作粗飼料”が他よりも多く、
風味をより良くするため、必要最短時間で作られているのがその美味しさの秘密なんですよ。


★バターたっぷりの幸せな味わい

そんなマルセイバタを使用したマルセイバターケーキは、
チョコレートガナッシュをスポンジにサンドしたとてもシンプルな見た目です。
マルセイバターサンドよりも一回り大きく、袋を開けるとふわっと甘い香りが!ふんわり&しっとりとしたスポンジはバターがギュっと詰まった甘さ控えめの優しいお味です。
カステラのように分厚いので満足度も◎。
サンドされているガナッシュも甘さを抑えたほんのりビターで、スポンジとよく合います。
スポンジとガナッシュの絶妙な比率はさすが六花亭といったところ。
バターの風味がしっかり香りつつも、甘すぎないのでついつい手が伸びてしまいます。
こってりした味わいのマルセイバターサンドに比べて、シンプルで万人受けする味と言えます。

★六花亭オンラインショップ

マルセイバターサンドと同じデザインの黄色のパッケージがマルセイバターケーキです。
六花亭オンラインショップではマルセイバターケーキの4個・5個・10個入りを販売。
マルセイシリーズの詰め合わせ「ザ・マルセイ」にはマルセイバターケーキの他にマルセイバターサンド・マルセイキャラメル・マルセイビスケットの4種類が入っています。

名店六花亭の新商品ということで、既にたくさんの人が手に取っているマルセイバターケーキ。
人気のマルセイバターサンドはもちろんですが、
マルセイバターケーキも好き!
マルセイバターケーキの方が好きかも!
いう声も多数上がっています。

のぼりべつ牛乳プリンは、牛乳の甘さと旨さ満載のプリン!

登別と聞くと温泉をイメージする方も多いと思いますが、実は登別では昔から酪農も盛んに行われています。
地元の酪農家が生産した生乳だけを使用して作られた「のぼりべつ牛乳」を原料とする「のぼりべつ牛乳プリン」はなめらかな舌触りで濃厚な味わいが特徴です。

★のぼりべつ酪農館

「のぼりべつ牛乳プリン」を販売している「のぼりべつ酪農館」は札内高原の中にある廃校を利用した工場で乳製品を作っています。
登別駅から車で15分。
山道を進んでいくと赤い屋根の建物が見えてきます。
大手メーカーのように大量生産できる設備はなく、ほぼ手作りに等しい状況でひとつひとつ丁寧に仕上げています。
心を込めて作られた商品は、どれも他社に負けない素晴らしい品質。
手作りならではの美味しさがのぼりべつ酪農館の魅力です。
その評判が広がって、雑誌「北海道じゃらん」にも掲載されている人気の観光スポットとなっています。
自慢ののぼりべつ牛乳を始め、その牛乳を使用したソフトクリーム、様々なタイプのチーズなど素材の味を活かした商品や、
ホエー豚を使ったソーセージを販売しており、旅の途中に立ち寄って購入していく人たちがたくさんいます。

★「のぼりべつ牛乳」は地域限定牛乳

登別・室蘭の生乳は道内でもトップクラスの乳質を誇ります。
「のぼりべつ牛乳プリン」原料、のぼりべつ牛乳となるのは地元の酪農家が生産した生乳だけ。
スーパーで売られている超高温瞬間殺菌牛乳とは異なり、優れた乳質だからこそできる低温殺菌加工だから、一口飲んだだけでその違いがはっきりと分かります。
登別で製造された加工食品の中から特に優れた商品として登別市が推奨する「登別ブランド」推奨商品に認定されており、登別市が自信をもってPRしている地域限定牛乳です。
のぼりべつ牛乳は市内の小中学校の給食にも使われています。
素晴らしい品質の牛乳が毎日飲めるなんて羨ましいですね。



★登別ブランドに認定

そんなのぼりべつ牛乳をたっぷり使用して作られた「のぼりべつ牛乳プリン」は、蓋を開けると牛乳プリンなのに意外にも茶色いプリンが登場します。
缶入りだからと甘く見てはいけません!
最高の牛乳のぼりべつ牛乳を使用しているだけあって味はピカイチ。舌触りはまろやかでクリーミー。
深い甘みに加えて牛乳の味がしっかり感じられます。
うっとりするほど濃厚でいつまでもその香りを楽しんでいたくなるプリンです。
冷やしてから食べると美味しさがさらにアップしますよ。常温で長期保存できるのでお土産としても喜ばれています。
のぼりべつ牛乳プリンものぼりべつ牛乳と同じく「登別ブランド」推奨商品。誰もが頷く納得のプリンです。

登別の新しいお土産としても期待されている「のぼりべつ牛乳プリン」は、黄色い蓋に牛の絵が描かれた可愛らしいパッケージが目印です。
驚くべき濃厚さと、トップレベルの牛乳の味わいを体感することが出来ますよ。

ルタオ~小樽を代表する銘菓店

町を流れる運河を中心にノスタルジックな街並みが美しい小樽。
寿司、天狗山ロープウェイ、北一硝子など名所も多く人気の観光地となっています。
そんな小樽で生まれたお菓子屋さん、ルタオには銘菓が勢ぞろいしています。

★レトロでお洒落な街並み
「小樽」と聞くと最初に頭に思い浮かぶのはやはり運河。
小樽を象徴する風景ですよね。
大正12年に完成した運河は、北海道開拓の時代に北海道の海の玄関口であった小樽港で取り扱う荷量が増えたことから、船で直接倉庫まで荷物を運べるようにするために作られた水路です。
戦後、その役目を終えた後は観光地として整備され、小樽の人気スポットとなっています。
夜になると運河沿いにあるガス灯が灯り、石造りの倉庫がライトアップ。
さらに幻想的な雰囲気へと表情を変えます。
町のあちらこちらには明治期以降の歴史を物語る建物が今も残っており、そのノスタルジックなロケーションが観光客に人気です。
また、小樽は2014年~2015年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」の舞台となった余市に隣接しており、マッサンやリタが訪れた場所もたくさん残っています。
その影響もあって2014年の観光客数は前年度に比べ34万人も増加するなど、北海道の顔とも言える観光地に進化を遂げています。

★小樽を愛する地元のお店

小樽の観光地の中心にある、メルヘン交差点に建つ大きな塔がルタオ本店の目印です。
この店名は「親愛なる小樽の塔」という意味のフランス語「Le Tour Amitiē Otaru」の頭文字に、小樽という地名への愛着を込めてアレンジを加え「Le TAO(ルタオ)」と名付けられました。
小樽の人たちに愛され、親しまれ、そしていつか小樽のシンボルとして人々に語られるようなお店に育てていくという誓いも込められていると言います。
ルタオが掲げるテーマは2つ。
「ノスタルジック・モダン」=馴染みの深いスタンダードなスイーツにも斬新な発想でとびきりの美味しさを追求する、美味しいものを求め続けるという姿勢。
そして「ノーザンスイーツマナー」=北の国に生きる人々のお菓子を楽しむ流儀を届ける、北海道のお菓子と言えばルタオと言ってもらえるような北海道スイーツの代表になるという決意です。
1998年創業のまだ新しいお店ですが、その実力はすでに認められています。
ルタオを代表するお菓子となっている「ドゥーブルフロマージュ」というチーズケーキは、2014年に見事「ベストお取り寄せ大賞 スイーツ部門金賞」に輝きました。

そして、その「ドゥーブルフロマージュ」に並んで好評を博しているのが、様々な顔ぶれが並ぶチョコレートです。

★表情豊かなチョコレートたち

・ロイヤルモンターニュ

チョコレートの中でも特に人気。
滑らかにとろけるチョコレートと上品に香るダージリンが魅力です。
ロイヤルモンターニュ(王家の山)の由来となったピラミッドの形は、見た目の美しさのほかにロイヤルモンターニュだけが持つ口どけの秘密でもあります。
ルタオが理想とするシルクのような口どけを探し求めた末に辿り着いたのがこのピラミッド型でした。
溶けた後も口に残るダージリンの香りに惚れ惚れ。9年の歳月をかけて完成した俊作です。

・サンサシオン
包丁を入れた瞬間に分かるチョコレートの重厚感。
まるで生チョコを食べているかのようなしっとりとした濃厚なチョコレートを堪能できます。
濃厚だけどしつこくないのがさすがルタオと言ったところです。3種類のチョコレートを低温でじっくり蒸し焼きにした、ルタオ渾身のケーキ。チョコレート好きにはたまりません。

・ナイアガラ ショコラブラン フレ
コロンとしたフォルムが可愛らしいすっととろける生タイプのレアチョコレートです。
ホワイトチョコレートと、北海道産の希少な葡萄を使用したナイアガラワインがベストマッチ。
一度口にすれば瑞々しいフルーティーな香りの虜になります。

・プチショコラ

アマンドココア
ローストされたアーモンドがまるごと一粒入っています。
周りにはスイートチョコレート、そしてココアパウダー。
カリッとしたアーモンドはとても香ばしく、甘さを抑えたビターなコーティングとのバランスが絶妙な大人な味わいです。
マカダミアコーヒー
濃厚なマカダミアとほろ苦いコーヒーチョコレートという新しい組み合わせが人気です。
仕上げにふられた柔らかい甘みのキャラメルパウダーがまろやかさもプラスして、上品な味にまとまっています。
ストロベリー
ホワイトチョコレートの中にフリーズドライされたイチゴが、まるまる一粒。
サクふわの軽い食感です。
周りにはキュっと甘酸っぱいイチゴパウダーがふられていて、ホワイトチョコレートの甘さに良いアクセントを加えています。
ダブルのイチゴでスウィーティーな味わいが楽しめます。

・グラまあある
ザクっと軽やかなグラまあある。
その食感の正体はフィアンティーヌとグラノーラです。
ホロっと優しいクレープの薄焼きを砕いたフィアンティーヌをふんだんに使い、そこにオーツ麦を原料とするグラノーラを合わせたことで生まれたこの食感がグラまああるの特徴です。
ナッティーナッティー
スイートチョコレートとヘーゼルナッツペーストを混ぜ込んだ香ばしい味わいです。スライスしたヘーゼルナッツが加わったことでよりザクっとした食感がアップ。濃厚なヘーゼルナッツの香りにうっとりです。
ベリーベリー
ホワイトチョコレートとラズベリーのフリーズドライフレークがミックスされた可愛らしいピンク色。ミルクが際立つホワイトチョコレートに、ラズベリーの甘酸っぱさですっきりとしたちょうどいい甘さだから、ついつい手が伸びてしまいます。

どれも実力派揃いのレベルの高いお菓子が並ぶルタオはオンラインショップもあり、こちらでも多くの人が買い求めています。北海道を代表する観光地となった小樽でお菓子作りを続けるルタオもまた、北海道を代表するお菓子屋さんとなりました。

“登別ブランド推奨品”のお墨付き! 登別牛乳カステラ

登別は北海道有数の温泉地として知られる街。
その温泉の源、まるで鬼の棲む地獄のようなグツグツと煮えたぎる噴気孔が連なる「登別地獄谷」は有名な観光地となっています。
酪農も盛んに行われている登別から登場したのが、
地域限定牛乳である登別牛乳を使用した「登別牛乳カステラ」。
しっとりとした食感が特徴の2016年に発売された新商品です。

★登別ブランド推奨品って?

登別牛乳カステラは「登別まちづくり株式会社」と
地元の和菓子店、「銘菓本舗かめや」が連携して作り上げたお菓子です。
販売が開始された2016年度には登別市で製造されている加工食品のうち特に優れた商品の印である「登別ブランド推奨品」に認定されました。
これは登別市が市の魅力を伝えるべく、
また地域活性化のために販売促進や販売路拡大を目的に行っているもの。
つまり、登別が自信を持っておすすめする商品なのです。
「登別ブランド」は現在全29商品。登別牛乳カステラは登別ブランド推奨品の中で最も新しい商品です。

★地元素材を使って

地域限定牛乳「のぼりべつ牛乳」と地元の養鶏場の卵、
特殊な挽き方をした北海道産小麦「きたほなみ」、
北海道産の砂糖を使用しており、地元の素材にこだわって作られました。
しっとりとした少し重めの食感とどこか懐かしい味わい。
牛乳と卵の味を活かすためザラメは敷かずに仕上げています。
素材が良いとこうまで変わるのかと感嘆する、
のぼりべつ牛乳をたっぷり使用した贅沢なカステラです。
2017年8月にはハーフサイズも登場しました。持ち運びに便利な大きさで、お土産にもうってつけです。

★のぼりべつ牛乳

登別牛乳カステラに使われているのぼりべつ牛乳ですが、こちらも2009年度に登別ブランド推奨品に認定されています!
地元の酪農家が生産した生乳だけを使った地域限定牛乳です。
登別・室蘭の乳質は道内でもトップレベル。
そのため、低温殺菌で搾りたてに近いさわやかな味わいなのです。
2010年には北海道観光土産品協会主催の「北海道おみやげ新作コンクール」で特別賞を受賞した逸品です。

登別の誇る素晴らしい素材をふんだんに使用した登別牛乳カステラ。
ホルスタインをデザインした可愛らしいパッケージが目を引きますね。
今後、北海道のお土産として台頭してくる時も近そうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

有限会社かめや 登別牛乳カステラ(ハーフサイズ) 1個
価格:750円(税込、送料別) (2017/12/21時点)