札幌ラーメンのド定番!西山ラーメンをお取り寄せ

札幌ラーメンの歴史は、西山ラーメン歴史でもあります。

1950年。札幌で美味しいラーメンを作るため製麺所がオープン。

これが西山ラーメンの始まりでした。

西山ラーメンの大きな特徴は、ちぢれ麺。

麺がちぢれることで、麺とスープが絡みやすくなり

スープ本来の旨さと麺の絶妙な組み合わせを実現させたのです。

北海道は、各地の特徴に合わせたラーメンがご当地ラーメンとして人気になっています。

元祖味噌ラーメンは、札幌ラーメン。

旭川ラーメンは醤油、

海の街・函館のラーメンは塩。

ほかにも釧路ラーメンや帯広ラーメン、上川ラーメンなど。

地元の名産物や環境などに合わせた地元ならではのラーメンが誕生。

地元客、観光客ともに愛されています。

そんなどんなスープにも合うのが西山ラーメン。

さまざまな味がある北海道のラーメン。

そのうまさを引き立てているのが西山ラーメンです。

札幌ならではのコシのある太ちぢれ麺。

通販用に作らとこだわりのスープとの相性はバツグンです。

【ココも注目!人気の札幌ラーメン ネットショップ】

新千歳空港店は、いつも大行列!
味噌じゃない札幌名物の一杯

エビの旨みがスープいっぱいに広がる、
エビラーメンブームの火付け役となったえびそば一幻。
コクがあり後を引く旨さは、日本全国にファンがいるラーメンです。
えびそば一幻

昭和39年創業
アツアツ味噌ラーメン

1964年創業。札幌の老舗であり、今でも行列ができる人気店のすみれ。
表面をラードで包み、スープのアツさと旨さを逃がさない独特の手法は、
寒い北海道ならではのアイデアから生まれたアツアツの味噌ラーメン。
当然味噌ラーメンが一番人気ですが、
たまりしょうゆで仕上げた美味スープのしょうゆラーメンや
自然の塩を使い、まろやかな味わいがクセになる塩ラーメンも人気です。
札幌ラーメン すみれ

高タンパクで低カロリー
岩見沢キジラーメン

札幌からほど近い、岩見沢市で人気のキジラーメン。
鶏肉と比べて高タンパクで低カロリーのキジラーメンは、
ヘルシーなラーメンとして人気なのです。
北海道岩見沢キジらーめん

北海道のラーメンを堪能!
札幌ラーメン共和国

北海道内各地の選りすぐりのラーメン店が集結した
北海道ラーメンのテーマパーク
札幌ラーメン共和国。
味噌・塩・醤油を中心に、北海道の話題店からニューフェイス。
隠れた人気店まで、さまざまな北海道ラーメンを堪能できます。
札幌ラーメン共和国

札幌ラーメンは味噌だけじゃない! えびそば一幻

ラーメンの街、札幌。
数多くのラーメン店が軒を連ねる中、エビの味をとことん追求したお店として有名なのが「えびそば一幻」です。
“エビラーメン”という新ジャンルを確立させた、行列の絶えないお店です。

★スタートはラーメン横丁

戦後誕生した「札幌ラーメン横丁」から札幌中へと広がっていったラーメン文化。
「元祖さっぽろラーメン横丁」と「さっぽろ名所新ラーメン横丁」の2つからなる「札幌ラーメン横丁」は味噌ラーメン発祥の地でもあり、新旧様々なお店が並ぶ地元民や観光客などで賑わう札幌の観光名所となっています。

メディアで取り上げられる機会が多いせいか札幌ラーメンといえば味噌、というイメージが強いですが、
最近では進化系ラーメンが続々と誕生しています。
そのひとつである「エビラーメン」ブームの火付け役となったのがこのえびそば一幻です。
札幌ラーメン横丁から少し離れた地下鉄南北線「中島公園駅」から徒歩15分のところにあります。
深夜3時まで営業していますが、昼間は行列、飲んだ後に訪れてもお待ちがついているほどの人気。
ネットでの評判を聞きつけてやってくる人も大勢います。

★えびそば一幻のメニュー

味は「えびしお」「えびみそ」「えびしょうゆ」の3種類。
「えびしお」は海老と塩の北海道の海の味を詰め込んだ一品。
「えびみそ」はコクのある味噌味のスープが麺に絡みつきます。
「えびしょうゆ」は香ばしい醤油が海老の風味をより一層引き立てます。
さらに麺を細麺と極太麺の2種類から選べます。
のど越しが最高の細麺は、海老の風味と各味を楽しみたい人におススメ。
もちもちとした食感の極太麺はスープがよく絡みついて染み込むから、えびそば一幻ならではの味わいを楽しめますよ。
えびそば一幻こだわりのスープは一口飲んだ途端に、濃厚な海老の香りと旨味が押し寄せます。
甘エビの頭15㎏を寸胴でじっくり煮込んでいるから海老の旨味がギュッと詰まっています。
仕上げに独自製法で作った「えび油」と、スープ、背油を炒めることでより濃厚に。
このストレートなスープが「そのまま」、
そこに豚骨スープをブレンドしたのが「ほどほど」、
「ほどほど」よりさらに豚骨スープの割合が多くコク加わった「あじわい」で、
スープも自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。
そして、さらに海老の風味を際立たせているのが「えび粉」です。
仕上げにオンされたこのえび粉は、スープの出汁を取る時に使った海老の頭を焼いて粉末にしたもの。
このえび粉がさらに「海老感」を加えています。
トッピングは紅しょうが、海老の風味を練り込んでカリカリに揚げた天かす、
丸一日特製醤油に付け込んだとろっとろの黄身の味玉、
上質なバラ肉を特製醤油ダレに付け込んだチャーシュー、
そしてネギ。
特に天かすはえびそば一幻特有のトッピングとして人気です。
「ウチくる!?」で紹介された際には相川七瀬がスープを一口飲んだ瞬間に
「めっちゃうまい。こんなラーメン食べたことない」と目を見開き、
しょこたん(中川翔子)も
「一口飲んだだけで海老が10000匹飛び込んでくるみたい」と驚きの声を上げるほど、
海老が前面に押し出されたラーメンです。

★販売店舗も拡大中

2009年に創業したえびそば一幻は新店舗が相次いで誕生しています。
「新千歳空港店」は国内線ターミナルビル3F「北海道ラーメン道場」内、
2013年にオープンした「えびそば一幻新宿店」、
2015年にはなんと海外進出も果たし台湾に2店舗を構えています。
そして、2017年に新たにオープンしたのが「えびそば一幻八重洲地下街店」。
すでに北海道を飛び出して、全国で楽しまれているんですよ。

「SmaSTATION」、「食彩の王国」でも取り上げられたえびそば一幻。
歴史ある札幌ラーメンの魅力をさらに広げたエビラーメンの先駆者と言えるでしょう。

札幌ラーメン すみれをお取り寄せ

札幌の人気ラーメン店・すみれ。

昭和39年の創業以来、多くのファンを持つ
いつでも行列の出来ている、人気の札幌ラーメン店です。

すみれのラーメンの最大の魅力は、アツアツのスープ。
表面をラードで包んだスープは、ヤケド注意のアツアツスープ。
北国北海道の風土に合った冷めにくい、いつまでもアツアツのスープで
ラーメンを食して欲しいというこだわりから作られたスープなのです。

すみれのラーメンのラインナップを紹介します。

味噌ラーメン

なんといっても、すみれのラーメンの代名詞ともいえるのが、
味噌ラーメン。
すみれが独自に開発して作られた
濃厚で重圧な味噌スープに絡み合う麺は絶品です。


醤油ラーメン
たまりしょうゆで仕上げたスープは、これぞ濃厚のひとこと。
最後の一滴までスープを飲み干したくなる美味しさです。


塩ラーメン

味噌ラーメンが人気の高いすみれですが、
実はファンの多い逸品が、すみれの塩ラーメン。
自然の塩を使ったスープは、しょっぱ過ぎずとてもまろやか。
スープの風味が食欲をそそる、すみれ流のオリジナル塩ラーメンです。

現在すみれのラーメンが食べられるのは、
札幌本店(札幌市豊平区中の島2条4丁目7-28)、
札幌すすきの店(札幌市中央区南3条西3丁目9-2ピクシスビル 2F)、
札幌里塚店(札幌市清田区里塚1条4丁目15-45)
それと、横浜市にある新横浜ラーメン博物館内にある
横浜店の4店舗のみ。

「食べたいけど家からはいけない」
そんなあなたのための、すみれラーメンのお取り寄せ。

こだわりの味を忠実に再現した
自宅にいながらすみれのラーメンが味わえるセットです。

セットの中身は、
・生麺8袋
・メンマ8袋
・チャーシュー8袋
そして
味噌スープと醤油スープがそれぞれ3袋。
塩スープが2袋の全部で8食分。

ギフトに最適な化粧箱入りでお届けいたします。

札幌すみれラーメン