【ふるさと納税】厚真町のご当地ジンギスカン【厚真町】

北海道と言えばジンギスカン!
北海道に来たらハズせないご当地グルメですよね。
道内でメジャーな松尾ジンギスカンに肩を並べる存在が厚真町の「あづまジンギスカン」です。
道民にも長く愛される「あづまジンギスカン」をご家庭で手軽に味わえます。

★厚真町

札幌から車で約1時間半、新千歳空港からは35分の距離に位置する厚真町。
豊かな自然が残り、田園風景が広がるのどかな町です。
ハスカップの耕作面積が日本一でもある厚真町は、雪が少なく温暖な気候であることから、北海道内外からの移住者が増えています。

町民が「あづましい」(北海道弁で「心地よい」)暮らしができるように子育て、教育支援、森林保全、産業振興などに力を入れています。

★市原精肉店が作る“厚真の味”

「あづまジンギスカン」を作っているのは、昭和43年より受け継がれる秘伝のタレや肉の熟成技術などの伝統を守り続ける市原精肉店。

「あづまジンギスカン」用にオーダーメイドでカットされたお肉は厚さ1㎝もあり、舌と歯でじっくり楽しむことができる極上のジンギスカンです。

「あづまジンギスカン」に使う羊肉は一定温度でじっくりと熟成させることで肉自体が持つ酵素で自然と柔らかくなります。

白く硬いスジは切り落とし、厚さ1㎝にスライスします。
その後余分な脂身を切り落とすのですが、落とし過ぎると「あづまジンギスカン」自慢の旨みが損なわれてしまうため、慎重かつ手早い熟練した職人技が必要です。

また、カットの大きさを均一にしなければ味付けにムラが出てしまうため味が決まる重要な作業のひとつです。

自家製タレの主原料であるリンゴやタマネギは北海道産を使用。
「くだものの里」として知られる壮瞥町のリンゴは、北海道特有の寒暖差の激しい気候で育ち小ぶりな果実に「蜜」がたっぷりと詰まった甘くて濃厚な味。

高級品として全国で売られている岩見沢産のタマネギは実がしっかりと締まっていて甘みがあります。
加熱処理をしていないため日持ちはしませんが、リンゴやタマネギなどの素材の酵素が死なないため、肉を一層柔らかくしてくれます。

★あづまジンギスカンスペシャル&レギュラー

薫り高いしょうが風味のタレに最高羊肉の極上部位(ロース)のみを使用し漬け込んだ、「ジンギスカンの王様」と言える「あづまジンギスカンスペシャル」。

添加物は一切使用せず脂身をカットしているので羊肉特有のにおいがなく、食べやすいお肉です。

厳選した最高級羊肉のロース、アバラ、スネなどまるごと一頭あらゆる部位を使用しており、「脂身の持つ何とも言えない甘みがたまらない」という熱狂的なファンを持つのが「あづまジンギスカンレギュラー」。

肉本来の味を楽しみたい人はこちらがおすすめです。

厚真町のふるさと納税のお礼の品ともなっている市原精肉店の「あづまジンギスカン」。10000円の寄付でもらえて、使い道は、あつま次世代開拓民育成プロジェクト、あつまの農業経営者育成プロジェクト、本気で取り組む放課後プロジェクト、ママと赤ちゃんの笑顔プロジェクト、いつでもおいでねあつまプロジェクト、魅力あるまちづくりに活用から6つから選択することができます。
炭火で豪快に焼いたりジンギスカン鍋を使うのが北海道流ですが、ホットプレートでももちろん美味しく食べられますよ。

「ふるさと納税」寄付金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。
寄付を希望される皆さまの想いでお選びください。

(1)あつま次世代開拓民育成プロジェクト
(2)あつまの農業経営者育成プロジェクト
(3)本気で取り組む放課後プロジェクト
(4)ママと赤ちゃんの笑顔プロジェクト
(5)いつでもおいでねあつまプロジェクト
(6)魅力あるまちづくりに活用
(7)誰もが主役のあつま福祉プロジェクト

魅力あるまちづくりに活用をお選びいただいた場合は、町政全般に活用いたします。

美唄産 幻の米・雪蔵工房おぼろづき

北海道の美唄産 幻の米・雪蔵工房おぼろづきは、北海道産のお米として初めて2006年の第8回全国米 食味分析鑑定コンクールで最高賞の金賞を受賞しました。
うまい米というネーミングがぴったりのおぼろづきは北海道美唄農協の雪蔵工房が製造元となっています。
まだ新しい商品なので歴史はまだまだこれからですが、おぼろづきは魚沼産コシヒカリに匹敵するといわれています。

◎冷えても美味しいモチモチ食感!

おぼろづきのお米の魅力の一つは粘り。
粘りの美味しさは、コシヒカリ以上という高い評価があるおいしいお米です。
美唄産おぼろづきが受賞した金賞は、上位0.6%しか獲得することができないという賞なのです。
金賞の受賞を通して、おぼろづきの品質の高さが証明されたのです。
そんなおぼろづきは、北海道農業研究センターが8年をかけて開発し、2003年に誕生させた品種です。
日本人に生まれて良かったという感想なども多いおぼろづきは、一度食べるともっちりとして甘みのある食感がとても好評。
炊き立てのお米の白つやとモチモチ感はもちろんのこと、冷めてもおいしく食べられるのがおぼろづきの大きな魅力です。
お米がパサつかずモチモチしていて、おかずいらずでおいしくいただけたという声も多く、冷めてもより際立つ美味しさはお弁当やおにぎりにもとてもおすすめです。
お弁当の時間が楽しみという子どもの声もあって、どんな食べ方をしても十分な甘みとお米の美味しさを味わえるというおぼろづきの良さはとても魅力的です。

◎コシヒカリと並ぶ評価!

そんなおぼろづきの美味しさは、お米のデンプンに含まれるアミロースの量が決め手になっているといわれています。
お米は、アミロースの割合が少ないほど粘りが強くなって柔らかいふっくらしたごはんになるのです。
しかし、北海道はお米の育成期間の気温が低いという気候的な特徴があり、これまでアミロースが多くなって、粘りが弱かったという課題があったのです。
しかし、北海道農業研究センターによってこの点が改良されて、おぼろづきはアミロースの含有率約14パーセントという、コシヒカリにも並ぶお米として評価されているのです。
ご飯としてこの粘り具合はお米の柔らかさとともにお米の味を決める大きな要素と言われています。
もち米の遺伝子が入っていないおぼろづきは、純粋にうるち米の風味豊かで美味しい粘りが味わえ、熱々ごはんから冷えたごはんまで幅広くファンが多くいるのです。
おぼろづきはもちもち感のある粘りや冷めても旨いという特徴をもち、美味しい香りを楽しめるのも特徴で、炊き立てはもちろん、冷めてもおいしくいただけます。



雪蔵工房おぼろづきの美味しさの秘密

★コシヒカリを超えた旨い米
★冷えても美味しい!
★減農薬米で安心安全
★発想の朝に朝精米でお届け
★雪像貯蔵で、いつでも採れたての味
★94%の人が味に大満足!

今すぐ幻のコメをチェックする⇒おぼろづき公式ホームページ