夕張メロンピュアゼリーは、最高級のメロンゼリー

北海道のNo.1メロンといえば夕張メロン。
初物は高価な価格で競売され、
高級メロンの代名詞が付く夕張メロン。

そんな夕張メロンの味と香りが
そのままゼリーになったのが夕張メロンピュアゼリーです。

◎高級メロンがそのままゼリーに! 

夕張メロンといえば、言わずと知れた北海道のブランドメロンです。
その夕張メロンをふんだんに使ったとても贅沢な「夕張メロンピュアゼリー」は、まさにメロンそのもの。
モンド・セレクションお墨付きの間違いのない美味しさです。

◎唯一無二のとろける口どけ
夕張メロンピュアゼリーは、誕生から今年でちょうど30周年を迎えます。
夕張メロンの品種名は「夕張キング」と言い、まさに王様級の美味しさを持つ高級メロンです。
そんな夕張メロンの完熟した果肉をたっぷりと使用した夕張メロンピュアゼリーは、一口食べた瞬間にメロンの芳醇な香りがどこまでも広がります。
溢れる果汁はすっきりとした後味で嫌味がなく、舌触りはトゥルンしていてとっても滑らか。
「メルティング質」と言われる、とろけるような食感を持つ夕張メロン特有の食感がそのまま残っているんです。
メロンの美味しさを余すところなく贅沢に使用した、まさにメロンそのもののような極上の味わいです。

・確かな品質の証
夕張メロンピュアゼリーの美味しさは数々のお墨付きです。
モンド・セレクション「最高金賞」5年連続受賞(2003年~2007年)。
北海道お中元ギフト13年連続NO.1(2005年~2017年/菓子部門)。
また、日本航空機内茶菓に10年連続で採用され、メディアにもたびたび取り上げられるなど、その品質は高く評価されています。
ご存知の通り、夕張メロンは北海道の大地が育んだ上質なメロンです。
標高の高い土地と水はけのよい土壌、昼間のたっぷりの日差しと夜の冷え込み。
これらのメロンづくりに最適な条件が揃った夕張で、手間ひまかけて作られたメロンは瑞々しく柔らかい果肉と芳醇な香りが特徴です。
夕張メロンの誕生までには長い道のりがありました。夕張の特産品を作りたいという、地元の人々の情熱から出来上がった上質で高級なメロン。
HORIの夕張メロンピュアゼリーにはそんな地元の人々の想いも詰まっています。

・苦労の末にできた奇跡の美味しさ
「赤いダイヤ」とも呼ばれる夕張メロンを贅沢に使ったHORIの代表商品、夕張メロンピュアゼリー。ゼリーの概念を覆す驚きのスイーツで、至福のひと時をお楽しみください。

北海道のご当地焼き鳥 美唄焼き鳥と室蘭やきとり

日本全国どこでも食べられる焼き鳥。
しかしこの焼き鳥も北海道ならではの
ご当地焼き鳥があるのをご存知ですか?
札幌から北東へおよそ70キロの位置にある美唄市。
人口約2万人のこの町で子どもからお年寄りまで
当たり前に食されているのが美唄焼き鳥です。

◎一本に全ての部位がギッシリ!
美唄焼き鳥とは、一本の串にさまざまな部位が刺さった独特の焼鳥。
モモや皮、ムネにランカン、キンカンを一本の串に刺す独特の主砲で
塩やコショウで味付けするのが一般的な食べ方とされています。
美唄では昔から鶏肉文化が盛んで、
内臓を捨てることなく取りを全て食べることの工夫から
美唄焼き鳥が生まれたと言われています。

◎炭鉱労働者に愛された焼き鳥
美唄焼き鳥の元祖といえば三船。
昭和30年代に創業され、炭鉱労働者の胃袋の強い味方として愛されました。
その後、たつみ、福よしなど美唄焼き鳥の店が増えていき、
美唄市内や近郊の都市で美唄焼き鳥のお店が増えていきました。
21世紀になると、福よしが札幌に進出。
テレビや雑誌などにメディアに取り上げられることも増え
本州の物産展や北海道アンテナショップにも出店。
北海道はもちろん、道外にも多くの美唄焼き鳥ファンがいるほどです。

◎締めの蕎麦には、焼き鳥をのせて
美唄焼き鳥店ではもつを出汁にとったそばが人気。
通は、美唄焼き鳥とそばを一緒に注文。
蕎麦の上に串から外した焼き鳥をのせて食べるのがとっても美味なのです。

美唄焼き鳥同様にご当地焼き鳥として人気なのが
室蘭市の室蘭やきとりです。

とりじゃない、やきとり
室蘭やきとりのもっともたる特徴は、
やきとりであって焼き鳥ではない。
室蘭やきとりは、鶏肉ではない、豚肉を使ったやきとりなのです。
室蘭やきとりは、豚精肉と玉ねぎを竹串に刺した室蘭の郷土料理。
作り方は焼き鳥と同じなので、豚肉なのにやきとりとして定着しています。
タレは少し甘め。
室蘭やきとりの各店ごとに味は異なりますが
それぞれ独自のタレを付け足し付け足しで味を継承しています。


◎甘い+辛い=やきとりが旨い

室蘭やきとりの、もう一つの特徴は練りからし。
甘いタレのついた室蘭やきとりを練りからしにつけて食べる。
ちなみに豚肉は、肩ロースを使う店が一般的です。
室蘭やきとりの人気店のひとつが、やきとりの一平。
一平は秘伝のタレはもちろんですが、
天然塩を使った塩味も、肉本来の旨みを引き出すとして好評です。

◎函館名物やきとり弁当
豚の焼鳥といえばもうひとつ。
函館市で有名なハセガワストアのやきとり弁当も、
豚肉の串焼きです。
ハセストの愛称で親しまれているハセガワストアの人気メニュー
やきとり弁当は、ご飯の上に豚串の焼き鳥(タレ)が3本。
函館でしか味わえない、やきとり弁当です。

焼き鳥とひとことで言っても、各地によって部位や作り方、
食べ方などスタイルが異なります。

なかでも特徴的な美唄焼き鳥と室蘭やきとり。
いずれもテレビで紹介されることも多く、
お土産品や通販も豊富。
北海道ならではの、ご当地焼き鳥。
食してみませんか?

白い恋人は、北海道土産のド定番!

北海道の超定番お菓子のお土産といえば「白い恋人」。

ホロホロクッキー生地の中にホワイトチョコまたはブラッククチョコが挟んであり、
一口食べればお口の中に幸せな瞬間が広がる、そんなクッキーです。

北海道以外の地方で「白い恋人」をまねた「〇〇の恋人」というお土産も売られているほど、北海道の定番のお土産になっています。

◎有名過ぎて買って帰らないと何だか落ち着かない?

北海道を訪れた人が、お土産屋や空港で必ず目にする定番のお土産なので、
そこまで目に入るなら一つくらい買っていかないと何だか北海道に行ったという証明にならない?というほど、定番のお土産ではないでしょうか。
オフィスで机の上にいつの間にか「白い恋人」が置いてあったら、「あ、誰か北海道行ったんだ」と、パッケージの後ろを見なくても一目でわかりますよね。

◎石屋製菓の工場見学で甘い体験♪

そんな「白い恋人」を作っている石屋製菓の工場見学ができるのを知っていますか?
札幌中心部から車で30分、電車でもアクセスでき、工場は「白い恋人パーク」と名付けられたテーマパークのようになっています。
「白い恋人」が作られる工程の見学はもちろんのこと、
お菓子作り体験やガリバーの衣装に着替えてガリバー体験ができたり、白い恋人鉄道が走っているなど、
子連れでもカップルでも楽しめるパークとなっています。レストランもあるので、ゆっくりパーク内を散策してたっぷり楽しめるでしょう。

◎「白い恋人」の缶は食べた後も重宝します

石屋製菓の白い恋人の枚数は9枚入りから54枚入りまで幅広くあるので、
会社へのバラマキ用のお土産として、ご近所や友人へのちょっとしたお土産に最適です。
箱型から缶型まで様々なサイズがあり、
27枚入りから缶に入っています。
缶は頑丈なので、ちょっとした事務用品を入れたり小物入れに使ったりと重宝します。

◎大通駅直結のイシヤカフェ

札幌の中心部・大通駅と札幌駅を結ぶ地下歩行空間。
その大通川の入り口すぐ近くにあるのがイシヤカフェです。
スイーツやドリンクなどを味わえるスポットで、
ドリンク類を注文すると、サービスで白い恋人が1個もらえます。
コーヒーを飲みながら白い恋人を食べる。
ちょっとした贅沢な時間を過ごせます。
イシヤカフェの入っている大通西4ビルの1Fにはイシヤショップもあります。
白い恋人はもちろんのこと、
バウムクーヘンのTSUGUMIや
煉瓦バターケーキ、美冬など
石屋製菓の商品ほとんどが発売されています。

ISHIYA大通西4ビル
札幌市中央区大通4丁目

今すぐ食べたいあなたはココをクリック⇒【送料無料】【あす楽】石屋製菓 白い恋人

北海道の朝食は、パンにカツゲン!?

北海道ならではのご当地ドリンクカツゲン。
北海道の人なら誰でも知っていて
北海道民以外にはほとんど知られていない、
北海道のソウルドリンクのカツゲンです。

これがカツゲン。
正式名称は、ソフトカツゲン。
雪印メグミルクから販売されている、
北海道限定の乳酸菌飲料です。

◎カツゲンは勝利の源?
カツゲンの名前の由来は、
活素(かつもと)からきていると言われています。
活は、勝つ
そして素は、牛乳の素という意味があるそうで、
その後、活素から勝つ源の勝源という名前で
1956年より北海道で発売。
その翌年からは、カタカナのカツゲンと変更になりました。

◎カツゲンは、どんな味?
乳酸菌飲料のカツゲンは、どんな味なのか???
こちらの映像を見てみましょう。

カツゲンはカツゲンです(笑)。
酸味のある牛乳。
ヤクルトにも似た味わいですが、
北海道民にとっては、ヤクルトよりもカツゲンの方が有名です。
北海道ではスーパーやコンビニなどで手軽に手に入れることができます。
学校の自動販売機では
牛乳やコーヒー牛乳、フルーツ牛乳と共に
当たり前のようにカツゲンが並んでいました。
朝食は食パンとカツゲン、
学校の昼食は、菓子パンとカツゲン。
これが当たり前という道産子も多いと思います。

◎カツゲンの黒歴史??
このカツゲン。
ノーマルサイズ以外にも様々なカツゲンシリーズがリリース。
青リンゴ味やイチゴ味、
それからカツゲンキャンディーやカツゲンアイスなども発売されましたが
それらは期間限定なのか長期間定着することはありませんでした。

◎カツゲンは、受験生の強い味方
カツゲンが勝源と漢字で書かれていたことは先ほど書きましたが
「勝つ」というフレーズから受験に勝つと、勝負に勝つと
受験生やスポーツチームがゲンを担いでカツゲンを飲むという現象も起こりました。
カツゲンを製造する雪印メグミルク工場では、勝源神社を設置。
工場を見学すると、勝源神社でお祈りをすることができます。
ちなみに通常神社といえばお神酒ですが、
そこは勝源神社。
神社ではカツゲンがふるまわれるそうです。
ちなみに受験シーズンになると、通常のソフトカツゲンのパッケージとは別に
受験生応援バージョンも登場します。
受験勉強をしながら夜食とともに、受験生応援バージョンのカツゲンを飲んで
大学に合格したという道産子も多いでしょう。

◎北海道以外で、カツゲンを飲む方法
北海道内のスーパーやコンビニならどこでも手に入れることのできるカツゲン。
北海道以外でも首都圏や関西圏で発売されていた頃もありましたが、
今は発売していません。
北海道から一番近い青森県の一部では入手できる店もあるそうですが
それ以外ではカツゲンを手に入れることは困難ですが、
ネット通販でカツゲンをお取り寄せすることは可能です。
ソフトカツゲンお取り寄せ情報

札幌ラーメン すみれをお取り寄せ

札幌の人気ラーメン店・すみれ。

昭和39年の創業以来、多くのファンを持つ
いつでも行列の出来ている、人気の札幌ラーメン店です。

すみれのラーメンの最大の魅力は、アツアツのスープ。
表面をラードで包んだスープは、ヤケド注意のアツアツスープ。
北国北海道の風土に合った冷めにくい、いつまでもアツアツのスープで
ラーメンを食して欲しいというこだわりから作られたスープなのです。

すみれのラーメンのラインナップを紹介します。

味噌ラーメン

なんといっても、すみれのラーメンの代名詞ともいえるのが、
味噌ラーメン。
すみれが独自に開発して作られた
濃厚で重圧な味噌スープに絡み合う麺は絶品です。


醤油ラーメン
たまりしょうゆで仕上げたスープは、これぞ濃厚のひとこと。
最後の一滴までスープを飲み干したくなる美味しさです。


塩ラーメン

味噌ラーメンが人気の高いすみれですが、
実はファンの多い逸品が、すみれの塩ラーメン。
自然の塩を使ったスープは、しょっぱ過ぎずとてもまろやか。
スープの風味が食欲をそそる、すみれ流のオリジナル塩ラーメンです。

現在すみれのラーメンが食べられるのは、
札幌本店(札幌市豊平区中の島2条4丁目7-28)、
札幌すすきの店(札幌市中央区南3条西3丁目9-2ピクシスビル 2F)、
札幌里塚店(札幌市清田区里塚1条4丁目15-45)
それと、横浜市にある新横浜ラーメン博物館内にある
横浜店の4店舗のみ。

「食べたいけど家からはいけない」
そんなあなたのための、すみれラーメンのお取り寄せ。

こだわりの味を忠実に再現した
自宅にいながらすみれのラーメンが味わえるセットです。

セットの中身は、
・生麺8袋
・メンマ8袋
・チャーシュー8袋
そして
味噌スープと醤油スープがそれぞれ3袋。
塩スープが2袋の全部で8食分。

ギフトに最適な化粧箱入りでお届けいたします。

札幌すみれラーメン