最北の牧場から届いたハンバーグがウマい!「宗谷岬牧場のハンバーグ」

日本最北端の地・稚内の宗谷岬にある「宗谷岬牧場」。
夏は青々とした緑、冬は一面の銀世界が広がる雄大な自然の中で、厳正な管理のもとブランド牛を生産しています。
良質な牛肉を使った「宗谷岬のハンバーグ」はふっくらジューシーな本格派のハンバーグです。

★宗谷岬牧場のブランド牛

「周氷河地形」と呼ばれる日本離れしたダイナミックな丘陵の中に1800haもの広大な敷地を持つ宗谷岬牧場。
丘陵にある57基の発電用風車と牧歌的な壮大でのどかな風景は目を見張るものがあり、夏には多くの観光客が集まる稚内の夏の風物詩です。
宗谷岬牧場ではこの自然豊かな環境に配慮し、自然循環型で生産した牧草を中心とした餌を与えています。
粗飼料の約7割を自給しており、飼料畑には牛糞を肥料として還元。また、無農薬、無化学肥料を実施し、現在は粗飼料自給率10割を目指しています。
そのほかにも発酵牛糞の敷料へのリサイクル活用、牧草地・放牧地の適正管理による海や河川等の周辺環境への負荷軽減といった環境保全も実施。
粗飼料自給型の乳肉複合一貫経営により、「全農安心システム」の生産基準に則った厳正な飼養管理のもとで安心・安全な牛の生産を行っています。
「宗谷岬のハンバーグ」に使用される「宗谷黒牛」「宗谷岬和牛」の名は、宗谷岬牧場が定める独自の「「飼料給与マニュアル」に沿って育てられ、宗谷牧場で生産される肉牛のみに与えられます。
品種は黒家和種、黒毛和種とアンガス種、黒毛和牛とホルスタイン種の交雑種などがあり、どれも宗谷岬牧場が定めた「生産基準」に基づいた品種です。
その肉質は、黒毛和牛の良さを引き継いだ、濃厚な赤身と淡白な脂肪のバランスが絶妙。脂の甘みが特徴的な良質な牛肉です。

★稚内ブランドに認定

「宗谷岬のハンバーグ」は稚内ブランドに認定済み。
平成24年に誕生した「稚内ブランド」は、稚内の豊かな自然のもとで生まれた農畜産物、水産物、これらを原料として生産された商品、市が誇る文化や自然と言った地域資源などが認定されます。
平成29年4月時点では全35品が登録されており、どれも稚内の魅力が詰まったものばかり。稚内の良さを国内外に広く発信しています。

★ふっくらジューシー!

そんな稚内ブランドに認定されている「宗谷岬牧場のハンバーグ」。
日本テレビの通販番組「日テレポシュレ」で紹介されると、一気に注目が集まりました。
使用しているのは役目を終えた肉用繫殖牛や乳牛等の牛肉です。
その他の原料玉ねぎ、卵、小麦粉、牛脂肪もすべて厳選した北海道産を使用。
北海道の誇る自慢の素材が凝縮された本格的なディナータイプのハンバーグです。
一口食べるとジューシーな肉汁があふれ出し、食感はふっくら柔らか。
しっかりと牛肉の味がする、ソース要らずの美味さが自慢です。
子どももお年寄りも食べやすいとあって幅広い世代に支持されています。
解凍して温めるだけで食べられるので、今晩のおかずにはもちろん、子どものお弁当に入れても喜ばれそうですね。
食べる時は、周りのフィルムをはがしてから冷蔵庫で解凍します。
柔らかいので取り扱いは丁寧に。
フライパン、またはホットプレートに油を引いたら中火で温め、まずは刻み目の入った面から焼きます。
180℃で3分、裏面は2分30秒が目安です。
火が強すぎると表面だけが焦げ中は半生になってしまい、火が弱すぎるとせっかくの肉汁が溢れ出して旨味が逃げ出してしまうので、火加減には気を付けてくださいね。
あっという間に本格的なハンバーグの出来上がりです。
宗谷岬の広大な大地で育ったブランド牛を使用した「宗谷岬のハンバーグ」は地元でも大好評。テレビで紹介され、道内外からの関心も高まっています。

帯広の豚丼 ぶたはげの豚丼

豚丼と帯広には切っても切れない縁があります。
なにを隠そう、豚丼の発祥地は帯広がある北海道十勝地方なのです。
北海道産の希少な豚肉を、代々受け継がれるぶたはげ秘伝のタレで味付け。
遠くからわざわざ足を運んで食べに来る人もいるほど、熱烈な支持を受けている豚丼です。

★帯広で伝統の味をを守り続ける

豚丼の始まりは北海道開拓時代。
静岡県から帯広の開拓にやってきた人たちが開拓と同時に農業も始めました。
当時の帯広一体の土地は「牛は牛乳、馬は馬力、豚は食料」と区別されており、
牛を食べる習慣がなかった代わりに豚を食べる土地柄となり文化が根付きました。
昭和初期になると、豚肉料理が一般的になり始めましたが、食材や使える調理器具の制限もあり、庶民が食べられる料理は少なかったそう。
そこで、庶民にも食べられるものをと開発されたのが、鰻の蒲焼きを模した醤油味の豚丼だったのです。

誕生当初から普及に力を入れたひとりが、「豚丼のぶたはげ」現在の社長の祖父です。
「帯広はげ天」という祖父、父から受け継いだお店を、豚丼専門店「豚丼のぶたはげ」へと発展させたのが現在の社長。
普及から伝承、発展と3代に渡り豚丼の伝統を守り続けているのです。
ぶたはげの豚丼は、そんな豚丼をこよなく愛する社長がこだわって作り上げた自信作です。

★秘伝のタレと希少な肉

高温で丁寧に一枚ずつ網焼きされたぶたはげの豚丼は、提供された時の香ばしい匂い。
トッピングのグリーンピースの彩りとつやめくタレが食欲をそそります。
箸で切れてしまう程柔らかい豚肉は、もちろん北海道産。
たった2~3%しかいない特別な豚の、わずかしか取れない選りすぐりの部位を使っていて、刺しが入っているのが特徴です。
そんな厚めの豚肉にからんだタレは、「帯広はげ天」の先代から受け継いだ伝統のタレを、さらにバージョンアップさせたぶたはげ特製ダレ。
昔ながらの大釜で職人さんが丁寧に半日かけて煮詰めました。
じっくり熟成させることで深い味わいに仕上がったタレは甘辛さが絶妙。
アクセントにぶたはげおすすめの黒コショウをかければ、ピリッと引き締まって美味しさがさらに倍増。
タレがかかったご飯もたまりません。
帯広本店は帯広駅改札を出てすぐとアクセスも良好です。
注文してから5分ほどで提供され、2枚、4枚、6枚と肉の量が選べるのも嬉しいポイントです。
プラス30円でテイクアウトにもできるのでこちらを利用する人も多く、ぶたはげの豚丼を求めて地元民から観光客までたくさんの人が訪れています。
「帯広はげ天」が運営するぶたはげのウェブショップでは2人前,4人前,6人前のセットを販売しており、ぶたはげ風と帯広風の2つの調理方法を紹介しています。
肉にタレをからめてしっかり予熱した焼き網(または焼き魚用ロースター)で焼けばぶたはげ風。
予熱していないフライパンにタレ・肉を入れて火にかけ、肉がグツグツ焼けてきたら弱火にして何度か返してタレをよくからませれば帯広風に仕上がります。
あとはホカホカご飯にタレをかけ、お好みでグリーンピース・付属のコショウ・山椒をかければ完成です。お家で本格的な豚丼が楽しめますよ。

★道外にも進出
帯広で人気のぶたはげの豚丼ですが、実は埼玉県にあるららぽーと新三郷店に直営店があるんです!
本場の味を楽しむことが出来ますよ。
ぶたはげの道外進出はまだまだ。
なんと、帯広の味を世界にも、と2013年に香港マキシムグループが運営する香港の日本丼専門店「丼丼屋(どんどんや)」の13店舗で提供が始まりました。
さらに2015年には「ぶたはげシンガポール店」がオープン。
今では北海道、いや日本のみならずアジアの人々までがぶたはげの豚丼を楽しんでいるのです。
これから一体どこまで拡大してくのでしょうか。
TBSの番組「白熱ライブビビット」の“春に食べたいお取り寄せ北海道グルメ特集”でも紹介されたぶたはげの豚丼は、本物の味を守り続けて70年。
今ではメジャーな料理となっている豚丼ですが、元祖にして最上の豚丼は発祥の地・帯広にありました。

小樽名物 なるとの若鶏半身揚げ

小樽に来たら食べないと損、と言われるほど地元民からも観光客からも愛されている小樽名物「なると」の「若鶏半身揚げ」。
カラっと揚がった大ぶりの半身は、食べる前の心配をよそにあっという間にペロリと食べられてしまう飽きのこない塩味です。
ヒルナンデスなど各テレビ番組でも次々に紹介されています。

★小樽の老舗なると

小樽市にあるなると本店は1952年創業の老舗です。
正式名称は「若鶏時代なると」と言いますが、“なると”で十分通じる超有名店。
創業者の栗嶌夫妻が淡路島より移住し始めたお店です。
当初はお好み焼き屋として営業していたものの流行らず、鉄板で小樽のエビなどの海鮮や肉などを焼き始めたそうです。
しかし、半身の大きな肉は焼くのに時間がかかる…それなら油で揚げれば早い、ということで誕生したのが現在まで愛され続けている若鶏半身揚げです。
意外な経緯ですね。
土日はすぐに満席になってしまうなど、連日多くの人で賑わっているなると。
TBSテレビの人気番組「ぴったんこカンカン」では北海道出身の大泉洋が安住アナとともに本店に訪れました。大泉洋テイクアウトでよく利用するそうですよ。
現在なるとは、本店以外にも姉妹店などが誕生し、その人気は北海道中に拡大しました。
「ニューなると」は若鶏時代なるとで修業を積んだ創業者の長女の夫が1978年に創業した、寿司と若鶏半身揚げが頂けるお寿司屋さんです。また、丸井今井札幌店もありこちらではテイクアウトで楽しめます。
「小樽なると屋」は創業者の孫が独立して2008年に起業したお店で、こちらは小樽市外にも姉妹店があり、札幌・余市・函館・稚内・苫小牧などにも進出しています。本店では店内で食べられ、他の店舗ではテイクアウトで楽しめます。
道東の網走を中心に展開しているのが「若鶏のなると」です。こちらは北見店もオープンしています。
もちろん、使用する肉・味付け・製法は本店直伝。どこも本物の美味しさです。

★驚きの大きさ

なるとの若鶏半身揚げはインパクト大の見たことのない大きさ!
パリパリっとした皮の下から現れる、ふっくらとしたジューシーな身。
あっさり塩味なのでこの大きさでも最後まで飽きが来ないのが、素晴らしいところです。
その製法はというと、塩・コショウで味付けをしたら一日寝かせ、中までしっかりと味を染み込ませます。
揚げるのは高温の大豆油。衣は一切使いません。
一度上げたら身に軽く包丁を入れ、さらにキツネ色になるまで揚げて完成。
この二度揚げがパリパリの皮を作り出しているのです。
テイクアウトでお家で楽しむのもいいですが、おすすめはやはり揚げたて熱々に豪快にかぶりつく!
若鶏時代なると本店に行くとまず驚くのがそのメニューの多さです。
寿司、刺身からカレー、ラーメン、定食、丼ぶり、などなどとにかく種類が多いのです。
ですが、もちろん人気は若鶏半身揚げ定食。
お味噌汁とご飯がついて、そこにキツネ色に輝く香ばしい若鶏がドドンと乗れば食欲も倍増。
満点のボリュームにテンションもアガります。
食べきれなかった時には、持ち帰りにも出来るので安心ですよ。

★なるとキッチン

現在注目を集めているのが小樽ニューなるとの新ブランドとして誕生した「なるとキッチン」です。

2017年1月に1号店が札幌すすきのにオープンしました。
コンセプトは「若鶏半身揚げ×旨い酒」。
若鶏半身揚げ専門店となっており、肉に合う20種類以上ものお酒を全国から取り揃えた、若鶏半身揚げを最大限に楽しむためのお店です。
北海道の定番「ザンギ」などのたくさんの揚げ物、料理が楽しめる食べ放題も登場してますます話題になっています。テイクアウトもOKです。
そして、嬉しいことに北海道の名物が東京でも楽しめるようになりました。
5月には記念すべき道外初進出となる東京五反田店オープンし、本場と変わらぬ美味しさと旨いお酒が揃っています。

各テレビ番組でたびたび取りあげられいるなるとの若鶏半身揚げは、芸能人からも人気を集めています。
TBSテレビの「がっちりマンデー」では加藤浩次が絶賛。
自身№1の唐揚げとして紹介しました。
テレビ東京の「たけしのニッポンのミカタ」で紹介された際には、石ちゃんこと石塚英彦の「まいうー!」を頂きました。
さらに同じくテレビ東京の「モヤモヤさまぁ~ず2」ではさまぁ~ずのお二人もなるとの美味しさに触れました。
さらに、日本テレビの「ヒルナンデス」では“お取り寄せガッツリグルメおすすめベスト5”で第4位を獲得。
道外店舗もオープンし、これからますますファンが増えていきそうです。

北海道民のソウルフード! ジンギスカン

羊肉と野菜を一緒に焼いて食べる、北海道ではお馴染みのジンギスカン。
北海道では事あるごとにジンギスカンが登場します。
花見で桜の下で、キャンプで、親戚が集まって、などなど集いにジンギスカンはつきもの。
もちろん各家庭でも食べられています。

★ジンギスカンの発祥

ジンギスカンの誕生には諸説あり、モンゴル帝国を率いた「チンギス・カン」が食していたとも言われていますが、モンゴル料理とはかけ離れた日本発祥の料理です。
漢字もあり「成吉思汗」と書きます。
その歴史は第一次世界大戦まで遡ります。
当時、軍服の貴重な素材となっていた羊毛の国内自給が始まり、滝川・札幌の月寒などに種羊場が開設されました。
その際、羊毛だけでなく羊肉の活用法はないかいうことで研究が重ねられ、その末に誕生したのがジンギスカンです。
庶民に広まったのは戦後で、安価で美味しかったことから多く食べられるようになったと言われています。
北海道での第一号店は1946年に札幌の「精養軒」というお店です。
ちなみに、札幌の月寒に開設された種羊場の地名が改称されたのが現在の「羊ケ丘」。あの、クラーク博士の象で有名な観光地「さっぽろ羊ケ丘展望台」のある場所です。



★ラムとマトンの違いは?「L-カルニチン」って?

ジンギスカンを食べるときに必ず目にする「ラム」と「マトン」。
どちらとも同じ羊の肉ですが、何が違うのかご存知ですか?
ラムは生後1年未満の仔羊の肉を指します。
特徴は臭みが少なく、羊肉独特のクセが気にならないこと。
肉質も柔らかめです。
特に生まれたばかりの仔羊の肉はミルクの香りがふわっと漂い、フランスでは高級食材とされています。
ジンギスカンの匂いがイマイチという人、初めて食べる人はラム肉の方が食べやすいかと思います。
マトンは生後2年~7年くらいの羊の肉のことを言います。
ラムとは対照的に牧草から来る独特のクセのある味が特徴です。
成長した分肉は締まり、赤みが強くなります。羊肉が好きな人はマトンの方が満足できるでしょう。
そしてこの二つの中間、生後1年以上~2年未満の「ホゲット」と言われる羊肉があります。
日本では耳にすることは少ないですが、ラムよりはクセがあり、マトンより臭みが少ない程よい食べやすさです。
食べる際は、自分好みの肉をチョイスして下さいね。
そして今、羊の肉に含まれる「L-カルニチン」という栄養素が、ダイエットに効果があると注目されています。
「L-カルニチン」とはアミノ酸の一種で、摂取してから運動すると脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットに効くと言われています。
また、肥満による高血圧、糖尿病と言った生活習慣病の予防にも効果的。
現代の日本人に嬉しい成分なのです。
また、L-カルニチンには体を温める働きもあり、特に女性に多い冷え性にも効果があるようです。
熱々のジンギスカンを食べて体の芯から温めたいですね。

北海道北見市の人気焼き肉店・味覚園のジンギスカンをお取り寄せ

★食べ方は2通り

ジンギスカンにはあらかじめタレに漬けた肉を焼いて食べる「札幌式」(味付け)、焼いてからタレをつけて食べる「滝川式」(生)の2つの食べ方があり、地域によっても異なっています。
基本的にはクセの強いマトンは「札幌式」で食べることが多いですが、あとからタレをつけて食べるのももちろんアリ。
タレには臭みを取るために生姜やニンニク、リンゴなどの果実が使われていることが多く、肉の旨みと一緒にタレの味わいも楽しめます。
柔らかいラム肩ロースなどは厚めに切ると、より肉の味が濃厚に。
市販のタレはもちろん各社味が違いますし、お店によっても違うので食べ比べなんかも楽しみたいですね。
小さいころから食べ慣れている道民は、さっぱりしたラムよりも濃厚なマトンの方が好みという人も多いです。
ジンギスカンで使用されるのは中央が盛り上がった「ジンギスカン鍋」と呼ばれるもの。
鍋が熱くなったら鍋の低い部分に野菜類を敷き詰めます。
お肉は中央の山の部分。
肉の周りが白っぽく焼けてきたら裏返し、あとはさっと焼くだけでOK。タレをたっぷりかけて完成です。
お肉の乗っている山の上の方からかければ野菜にもしっかり味がついて美味しく食べられますよ。
ジンギスカン鍋を持っていない人も多いと思いますが、フライパンやホットプレートでもコツを抑えれば美味しく出来上がるので大丈夫。
フライパンで調理するときは野菜とお肉を別々に焼くのがポイントです。
まずは野菜にタレをかけて煮込んだらいったんお皿へ。
フライパンをきれいにしてからお肉を焼きます。
色が変わったら野菜と一緒に盛り付けて完成です。
ホットプレートの場合のポイントは、野菜とお肉の焼く場所を分けること。
こちらもまずは野菜から入れて、次にお肉を焼きましょう。
お肉を入れたら野菜にタレをかけ煮込みます。ジンギスカンはご家庭でも美味しく食べられるんですよ。

道民のエネルギーの源であるジンギスカン。
それは北海道に根付く大切な文化でもあります。
美味しくて安いのもジンギスカンの魅力!おすすめの店なども様々なサイトに掲載されています。
少し抵抗がある人はラムからトライすると良いですよ。

白老牛が旨すぎる!牛の里ハンバーグ

澄んだ空気の元、広大な自然の中で伸び伸びと育った北海道のブランド牛である白老牛。
直営牧場でしっかり管理されているため、その肉質は確かで、なおかつ安心安全。
「牛の里ハンバーグ」はそんなブランド牛を使用したハンバーグです。

★ブランド牛の産地・白老町

北海道胆振地方にある、白老町。
新千歳空港から道央自動車道に乗って約40分、札幌からは約1時間の距離にあります。
太平洋に面していて冬でも比較的温暖で、北海道の中では降雪量もさほど多くない過ごしやすい町です。
水質日本一に選ばれたこともある倶多楽(クッタロ)湖を筆頭に、有名な景勝地がいくつもあります。
そして特産品はなんといってもブランド牛である白老牛。
平成18年に商標登録されました。
この白老牛は、平成20年に開催された「北海道洞爺湖サミット」の際、晩餐会で提供され各国の首脳に高く評価されました。

★直営牧場の「武田牧場」

「牛の里ハンバーグ」で使用しているのは直営牧場「武田牧場」で育てられた白老牛です。
武田牧場で牛の飼育を始めたのは昭和29年。たった2頭の飼育からでした。
半世紀以上経った現在は繁殖雌牛、育成牛、肥育牛、種牛合わせて240頭を保有。
牛の健康を考えた牧場独自の自家配合飼料と上質な牧草で立派な牛が育ちます。
武田牧場では生まれた仔牛の育成から肥育までの全てを管理する一貫経営を行っています。
牛肉は全て牛の里で販売。肉質を調査して牧場にデータを報告することでより上質な肉質の実現へと繋げています。

★本格派の味を家庭で

白老牛と道内産の牛肉で作った牛肉100%の「牛の里ハンバーグ」。
噛んだ瞬間にジューシーな肉汁が溢れだし、肉本来の旨味とまろやかでとろけるような味わいが特徴です。
ハンバーグから溶け出す脂で焼きあがるので、油は敷かなくてOK。
冷凍だからと侮るなかれ、本当に縮まずふっくらと焼き上がります。
牛肉の旨みがじゅわーっと染み出る、まさに家庭で作れる本格派のハンバーグです。
付属されている果物や野菜の旨味・風味をギュッと凝縮させた特性ハンバーグソースとの相性は抜群。
牧場直営店だからこそ作れる旨みの詰まった上質な逸品なのです。
牛の里のホームページでは「牛の里ハンバーグ」のアレンジレシピも紹介しています。
ハンバーグを適当な大きさの団子状にして煮込むなど、技ありの料理が掲載されていますよ。
また、少量にして子どものお弁当にいれてもきっと喜ばれるはず。
一つずつ個包装になっているので食べたい分だけ取り出せて便利です。
ハンバーグ詰め合わせは8個入り、ステーキとハンバーグのセットではそれぞれ4個ずつ入っています。

ふるさと納税で牛の里ハンバーグをゲット!

★直営店で熱々を召しあがれ

町内の白老駅から徒歩10分のところにある直営焼肉レストランでは、新鮮で上質な白老牛を食すことができます。
隣接する売店では「牛の里ハンバーグ」はもちろん、自慢のお肉各種やソーセージ、ビーフシチューなども購入することが出来るので、北海道に行く際にはぜひ覚えておいてくださいね。
ギフトにも最適な「牛の里ハンバーグ」。
本当に冷凍ハンバーグ?と思わず疑うお店の味をご家庭で堪能できますよ。