札幌ラーメンのド定番!西山ラーメンをお取り寄せ

札幌ラーメンの歴史は、西山ラーメン歴史でもあります。

1950年。札幌で美味しいラーメンを作るため製麺所がオープン。

これが西山ラーメンの始まりでした。

西山ラーメンの大きな特徴は、ちぢれ麺。

麺がちぢれることで、麺とスープが絡みやすくなり

スープ本来の旨さと麺の絶妙な組み合わせを実現させたのです。

北海道は、各地の特徴に合わせたラーメンがご当地ラーメンとして人気になっています。

元祖味噌ラーメンは、札幌ラーメン。

旭川ラーメンは醤油、

海の街・函館のラーメンは塩。

ほかにも釧路ラーメンや帯広ラーメン、上川ラーメンなど。

地元の名産物や環境などに合わせた地元ならではのラーメンが誕生。

地元客、観光客ともに愛されています。

そんなどんなスープにも合うのが西山ラーメン。

さまざまな味がある北海道のラーメン。

そのうまさを引き立てているのが西山ラーメンです。

札幌ならではのコシのある太ちぢれ麺。

通販用に作らとこだわりのスープとの相性はバツグンです。

【ココも注目!人気の札幌ラーメン ネットショップ】

新千歳空港店は、いつも大行列!
味噌じゃない札幌名物の一杯

エビの旨みがスープいっぱいに広がる、
エビラーメンブームの火付け役となったえびそば一幻。
コクがあり後を引く旨さは、日本全国にファンがいるラーメンです。
えびそば一幻

昭和39年創業
アツアツ味噌ラーメン

1964年創業。札幌の老舗であり、今でも行列ができる人気店のすみれ。
表面をラードで包み、スープのアツさと旨さを逃がさない独特の手法は、
寒い北海道ならではのアイデアから生まれたアツアツの味噌ラーメン。
当然味噌ラーメンが一番人気ですが、
たまりしょうゆで仕上げた美味スープのしょうゆラーメンや
自然の塩を使い、まろやかな味わいがクセになる塩ラーメンも人気です。
札幌ラーメン すみれ

高タンパクで低カロリー
岩見沢キジラーメン

札幌からほど近い、岩見沢市で人気のキジラーメン。
鶏肉と比べて高タンパクで低カロリーのキジラーメンは、
ヘルシーなラーメンとして人気なのです。
北海道岩見沢キジらーめん

北海道のラーメンを堪能!
札幌ラーメン共和国

北海道内各地の選りすぐりのラーメン店が集結した
北海道ラーメンのテーマパーク
札幌ラーメン共和国。
味噌・塩・醤油を中心に、北海道の話題店からニューフェイス。
隠れた人気店まで、さまざまな北海道ラーメンを堪能できます。
札幌ラーメン共和国

釧路ラーメンの正統派 河むら 

北海道のラーメンと言えば、札幌ラーメン、旭川ラーメン、函館ラーメン。
そして釧路ラーメンを含めた「北海道四大ラーメン」と言われることが多いです。
釧路市末広に本店を置く「河むら」は釧路ラーメンの伝統の味を守り続ける“正統派”。
釧路ラーメンを代表する存在であり、ミシュランガイド北海道版にも掲載される人気店です。

★釧路ラーメンとは?

全国でも珍しいちぢれのある細麺と、かつおだしベースのあっさり醤油スープが釧路ラーメンの特徴です。
釧路ラーメンの誕生には諸説ありますが、そのひとつに大正時代に横浜からきた料理人が持ち込んだラーメンが発祥だとする説があります。
そのラーメンは豚骨ベースのこってり味でしたが、釧路人の好みの味に改良され現在のあっさりした醤油味になりました。
釧路人があっさり味を好んだのには、当時すでに釧路に根付いていたそば文化があったからではないかと言われています。
昭和初期になると、次々に屋台が登場。
戦時中から戦後にかけては下火になったものの、昭和26年ころから徐々に復活し、北洋漁業の全盛期には屋台ラーメン組合ができるほどでした。
「銀水」「ばってん」「天龍」などは特に有名で、港に漁船が戻るころには岸壁にずらりと屋台が並んだそうです。
昭和40年になると屋台から店舗を構えて営業を始める店も出てきました。
中でも「銀水」は釧路ラーメンの本流を代表する老舗です。
そして、寒い海から帰ってきた漁師たちに少しでも早く温かいラーメンを出すために、茹でる時間を短縮しようと試みた結果、細麺になったのではないかという説もあります。
ちなみに釧路ラーメンの細いちぢれ麺の茹で上あげ時間は1分30秒。
ほかには、かつおだしのみの素朴な味だった当時の釧路ラーメンには、それに合う細麺を好む人が多かったからという説もあります。
今ではかつおだしのみのお店はほとんどなく、昆布・鶏ガラ・野菜・豚骨などスープも多様化し、それぞれのお店の個性が出たスープになっています。
また、釧路ラーメンは添加物・防腐剤を使用しないことも特徴の一つに挙げられます。
しかし、そのために痛みや乾燥が早く、なかなか他の地域へお土産等で持ち出すのが難しかったことから、残念ながらその認知度は低いままでした。


★釧路ラーメンの伝統を受け継ぐ「河むら」

釧路ラーメンの伝統の味を守ると宣言する「河むら」は、先程の「銀水」で15年修業したのちに独立した“本流”を受け継ぐお店です。
魚系の削りぶしをベースに鶏ガラと玉ねぎを加えたシンプルなスープ。
仕込みの段階では化学調味料を一切使用していません。
細い縮れ麺は、武藤製麺の特注のオリジナル麺です。
シンプルイズベスト、というにふさわしい毎日食べても飽きない味が「河むら」の味。
平成16年には晴れて北海道ラーメンの最先端「札幌ら~めん共和国」に出店し釧路ラーメンの店の中で初めて市外に店舗を構えました。

★釧路ラーメンを体験!

そんな地元で昔から大切にされてきた釧路ラーメンを、自宅で簡単に食べられるのが「河むら」の醤油ラーメン4人前です。
「河むら」こだわりの毎日でも食べても飽きの来ない味に、ちぢれのある細麺。味も見た目もシンプルながらも奥深い旨さは、正統派釧路ラーメンと言えます。
釧路ラーメンを全国に伝え知ってもらうため、数々のイベントにも積極的に出店している「河むら」。
地元・釧路の「釧路ラーメンれんが横丁~麺の細道~」や札幌・大通公園で行われた「フードランド北海道」、そして高島屋新宿店や伊勢丹松戸店、松坂屋名古屋店、くまもと阪神、沖縄三越、天満屋岡山店、十字屋山形店などなど、道内のみならず全国を飛び回っています。
釧路ラーメンを代表する「河むら」の醤油ラーメンは、ラーメン好きなら一度は食べておきたいご当地ラーメンです。

釧路ラーメンの躍進により「北海道三大ラーメン」と言われていた時代は過ぎ、今では「北海道四大ラーメン」と称されるようになりました。
その発展に大きく貢献した「河むら」は、釧路ラーメンの伝統を受け継ぎ、多くの人にその味を伝え続けています。

旭川ラーメン蜂屋、こだわりの焦がしラード

道内屈指のラーメンの街・旭川にある「蜂屋」はどこにも負けない個性的な味を持っています。
それが、「焦がしラード」。一度食べたら病みつきになる、旭川を代表する一杯です。

★地元民に愛される「蜂屋」

昭和22年(1947)創業の老舗ラーメン店、「蜂屋」。
旭川市内に「旭川本店」「蜂屋 五条創業店」の2店舗を構え、醬油ラーメンが店の味です。
「蜂屋」という名前は創業者の加藤枝直が蜂蜜を使ったアイスクリーム店を営んでいたことに由来しており、年間の客数は13万人という道内外から人が押し寄せる超人気店です。

★唯一無二の味「焦がしラード」

「蜂屋」のラーメンは旭川ラーメンを象徴するラーメンと言えます。
旭川ラーメンといえば魚介系ダシと動物系のダシを合わせた“Wスープ”。
「蜂屋」ではアジの丸干しと豚骨でダシをとっています。
さらに、スープの表面にうっすらと膜が張るほどのラードの濃厚さ。
これは寒さの厳しい旭川でも熱々のラーメンが食べられるようにとの工夫から生まれました。
そして「蜂屋」のラーメンの代名詞と言えるのが「焦がしラード」です。
数種類の節と背脂で作るこのレシピは初代が考案した受け継がれる店の味。
とにかく初めて食べたときのインパクトは強烈で誰もがその香りに、何だこれ!?と衝撃を受けます。
しかしその味は香りから想像していたよりも意外にさっぱりしており、不思議なことにしつこさも全くありません。
このパンチの効いた味こそが、「蜂屋」の味、「蜂屋」の個性。
まさに病みつきという言葉がぴったりの中毒性のある美味しさです。
インスタントになってもその味に寸分の狂いはありません。
お客さんの9割以上が注文する「醬油ラーメン」は、実際に地元の店舗で食べた人たちからも全く変わらぬ美味しさという声があがる、インパクト大の「蜂屋」の味。人気№1のラーメンをそのままご家庭で味わうことが出来ます。

★菊水の寒干し麺

そんな濃厚なスープに良く絡む麺は寒干しのちぢれ麺です。
寒干し麺とは、熟成させた生麺を非加熱で乾燥させた麺のこと。
そうすることで小麦本来の旨味が醸し出され美味しい麺が出来上がります。
また、常温で長期保存でき、生麺と変わらぬ食感が特徴です。
製造しているのは北海道で有名な製麺会社、菊水です。
創業者の杉野森一が、兵庫県で手延べそうめん作りを見て、ラーメンに応用しようと思いついたのが寒干し麺の原点。
手延べ麺は11月から3月にかけての冷涼な時期に作られます。
寒い時期には空中浮遊菌が少ないほか、麺も急激に乾燥しません。
この時期の温度と湿度で作られることが手延べ麺の美味しさの秘訣だと気づいた杉野が、生ラーメン以上の味のいい乾燥ラーメンを作るという熱い思いのもと、3年の月日をかけて完成させたのが菊水の寒干し麺です。

1999年~2009年までの10年間、「新横浜ラーメン博物館」にも出店していた「蜂屋」。
また、毎日放送・中部日本放送・長崎放送の「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか」で紹介されると全国にファンが生まれました。
極寒の地で生まれたパンチの効いた「焦がしラード」が香る濃厚なスープが「蜂屋」、さらには地元旭川の自慢の味です。

札幌ら~めん共和国~札幌のラーメンテーマパーク~

2004年にオープンした「札幌ら~めん共和国」は、道内各地から集まった選りすぐりのラーメン店8店舗が一堂に会する北海道ラーメンのテーマパークです。
札幌の観光には外せないスポットですよ。

★札幌ら~めん共和国とは

北海道の象徴とも言えるラーメン文化。
2001年には、北海道の中でも次世代に残したい文化や歴史、
つまり道民の宝物とする「北海道遺産」に認定されました。
JR札幌駅前にある商業施設「エスタ」10階という好立地にある「札幌ら~めん共和国」は、
あえてラーメン激戦区である札幌に、道内でも名高いラーメン店を集結させ、
その味を競い合うことで北海道のラーメン文化を一層発展させようという目的で作られました。
総合プロデュースは「ナムコ・ナンジャタウン」をはじめ、
「横濱カレーミュージアム」や「池袋餃子スタジアム」など
多くのフードテーマパークのプロデュースを手掛けたナムコの企画設計集団
「チームナンジャ」が担当しました。
掲げたテーマは「北のラーメンフロンティア」。
「札幌ら~めん共和国」に並ぶ店はなんとそのほとんどが札幌初出店、初支店のお店です。
ここ「札幌ら~めん共和国」は北海道のラーメン文化の最先端であり、
北海道のラーメン文化を牽引していく存在でもあるのです。
魅力はお店だけではありません。
札幌ラーメンのルーツでもある昭和の街並みを再現した施設内は、
ラーメン店がひしめくレトロな路地を思わせます。
また、道内の名店のラーメンを取りそろえたお土産屋さん
「札幌ら~めん開拓舎」も併設。
北海道各地の有名ラーメンに加えて、人気の北海道土産も充実しています。
お土産を選ぶのも楽しい時間ですよね。
また、「ラーメン王」の座をかけた顧客の投票など面白い企画も見どころのひとつです。

★選りすぐりの全8店舗

麺処白樺山荘・札幌

白麹味噌をふんだんに使用した「みそラーメン」はこってり系好きなら一度は食べるべき、「伝説の味噌ラーメン」です。
カタにはまらない自由な発想から生まれるラーメンが人気の札幌の名店です。

札幌みその・札幌

店主は東京の有名店けいすけで修業したすご腕の持ち主。
札幌ラーメンの王道は外さず、しかしながら常にオリジナルを追求する姿勢が完成させたここにしかない味噌ラーメンが自慢です。

函館麺厨房あじさい・函館

こだわりは何といっても丼の底まで見えるスープの透明度。
先々代から受け継いだ伝統の味で函館塩ラーメン界の先頭を行く老舗です。また、多彩なメニューもあじさいの魅力です。

らーめん吉山商店・札幌

全国各地のラーメンを食べ歩いた、絶対的な舌を持つ店主が作る「五感で味わうラーメン」。
コクとキレが持ち味の味わい深いラーメンで、今や人気は全国区です。
札幌ラーメンの進化系がここにアリ。

初代・小樽

2007年~2009年まで「札幌ら~めん共和国」で絶大な人気を誇った名店が満を持して再登場です。
奥深い味わいのスープは半日かけて煮込み、さらに一晩寝かせて熟成させることで完成します。
白味噌と赤味噌をもとにしたタレを使用した濃厚な「新味噌」が人気ナンバーワン。

らーめんそら・札幌

こってりながら甘みのある独特の味がクセになる、行列の絶えない人気店。
全体的なバランスが取れた一杯のために、素材選びや各行程には手間を惜しみません。
道産豚でとる極上スープの「みそラーメン」は天下一品。

らーめん炙亭ぼたん・帯広

女性店長が切り盛りするこの店のラーメンは、個性と創造性に溢れた一杯。
箸で切れるほど柔らかいホエー豚のチャーシューは店長が自信をもっておすすめします。
女性らしいエッセンスが光るラーメンが揃っています。

旭川ラーメン梅光軒・旭川

全国にその名をとどろかせる旭川を代表する名店、梅光軒。旭川ラーメンの代名詞であるWスープと添加物を一切加えない自家製ちぢれ麺のタッグは、第一回旭川ラーメン大賞優秀店舗に輝いた実力です。

★歴代店舗も名店揃い

これまでに「札幌ら~めん共和国」に出店した店舗は実にのべ40件以上。
「旭川らぅめん青葉」
「釧路らーめん(美)春鶴」
「らーめん山桜桃」(札幌)、
「函館麺厨房あじさい」といった老舗、有名店揃いです。
また季節限定のイベントとして、「ら~めん冬の陣」夏の恒例イベントである冷たいオリジナルラーメンを揃えた「夏の麺」などのイベントも豊富。
季節ごとにいろいろな楽しみ方ができるのも「札幌ら~めん共和国」の特色です。
テレビや雑誌、観光マップやWEBなど多くのメディアで何度も紹介されている
札幌でも有名な観光スポット「札幌ら~めん共和国」。
営業時間は11:00~22:00・年中無休・入場無料なので、誰でも気軽に訪れることが出来る北海道のラーメン文化の最先端を行くテーマパークです。