曼荼羅札幌スープカレーのレトルト野菜カレー

「ご当地カレー」がブームになる中、札幌のソウルフードであるスープカレーがレトルトになりました。
「曼荼羅」の「野菜カレー」はお店定番の味。薬膳スパイスでお好みの辛さにして食べられます。

★札幌スープカレー曼荼羅

2005年7月にオープンした「札幌スープカレー曼荼羅」。
札幌市西区に本店を構えます。
曼荼羅には3つの強いこだわりがあります。
まずはスープ。
強い火力で一気に旨味を引き出した透明感のあるスープです。
毎日食べても飽きない味を追求した結果たどり着いた、あっさりと爽やかなのどごしです。
お店ではオリジナル、ココナッツ、薬膳の3種類から選べます。
2つ目はお米。曼荼羅では白米だけでなく玄米も用意。
玄米は、お肉と野菜の栄養と、数々のスパイスの効能が溶け出したスープによく合います。
そして健康的。
気分に合わせて替えることも出来て嬉しいですね。
そして3つ目。
「医食同源」を基本に、生命を養い健康であることに欠かすことのできない「食」ということをスープカレーを通して提供しています。
日頃からバランスのよい食事を摂ることが、一番の病気の予防や治療法です。
お店には9種類のカレーがあり、スープを先程の3つから、辛さを0番~5番からチョイス出来ます。
一番低い0番はスパイスの苦手な人向けですが、4番5番ともなるとピッキーヌ(タイの唐辛子)やハバネロも登場して超刺激的です!

★薬膳スパイスで味が変わる?

曼荼羅のお店の味がレトルトになって登場しました。
「野菜カレー」という名の通り、じゃがいも(北海道産の馬鈴薯)、にんじん、キャベツ、玉ねぎ、トマト、コーン、しめじ、赤ピーマンと野菜がたっぷり。
お店同様、大き目にカットされているのが嬉しいところです。
爽やかなのどごしのスープに優しいトマトの味わいが効いたヘルシーなカレーは、スパイシーさもありながら、曼荼羅のこだわりでもある飽きの来ないあっさり感。
別添の薬膳スパイス加えれば、スープにさらにコクが生まれます。
スパイスを入れる前と後で、味の変化を楽しんでみてください。
ちょっと疲れ気味の体、栄養のバランスが気になるときなど、体に優しさを届けてあげたい時にも最適なお味です。
好きな具材をトッピングして“オリジナルスープカレー”にしてもOK。炒めた野菜など、大振りの具を入れると一層本格的になりますよ。
食べる際には、袋の封を切らずに沸騰したお湯で8分温めるだけ。
深いお皿に中身をあけたら別添の薬膳スパイスをお好みの量入れればスープの完成です。
電子レンジの場合は、あらかじめ中身を容器に移してからラップをかけて温めます。
500Wで2分です。
ご飯とスープは別々のお皿に。スプーンでご飯をすくって、スープに浸して食べるのが本場のスタイルです。

札幌のソウルフードであるスープカレーを日本中の人に気軽に楽しんでもらいたいとの思いから生まれた曼荼羅オリジナルレトルトスープカレー。
遠くて実際にお店に足を運べない人も、お店と同じスープカレーを味わえますよ。
このレトルトのスープカレーの味に驚いた人が、実際にお店を訪れることも少なくないようです

大泉洋のスープカレー

北海道出身でタレント、俳優として活躍中の大泉洋。
大河ドラマ「真田丸」の出演や
映画「探偵はBARにいる」の主演。
連ドラでも主演から脇役、ショートリリーフまで多彩な役をこなす傍ら
地元北海道では
「おにぎりあたためますか」や
「ハナタレナックス」などに出演中。
北海道と東京を行き来する人気タレントです。
大泉洋のタレントの原点となったのが
北海学園大学時代の演劇研究会から派生した
チームNACS。
札幌を拠点に活動したチームNACSは
その後全国展開。
大泉洋はもちろんのこと、
5人ともテレビに映画に舞台にと活躍中です。
チームNACS時代、大泉洋が好んで食べていたのがスープカレー。
折しも札幌にスープカレーブームの波が来る頃。
スープカレーブームの波と
大泉洋のブレイクも重なった縁もあってか
大泉洋はスープカレー親善大使として
メディアでスープカレーを宣伝する機会が増えました。

◎とんねるずや安住アナにスープカレーをPR

フジテレビの人気バラエティ
とんねるずのみなさんのおかげでしたの
食わず嫌い王決定戦にゲスト出演した大泉洋は、
好きな食べ物の一つとして
スープカレーを選択。
札幌の超人気店マジックスパイスのスープカレーを
全国方法で紹介しました。
TBSテレビのぴったんこカンカンでは、
隠れ家のようなスープカレーの名店
一灯庵でのロケを敢行。
ほかにも様々な番組で
スープカレーをPR。
全国的なスープカレーブームの火付け役となりました。

◎大泉洋プロデュースのスープカレー

そんな大泉洋がプロデュースしたスープカレー。
その名は
本日のスープカレーのスープです。

本日のスープカレーのスープは
大泉洋がプロデュースし、
ベル食品開発チームが作り上げた自宅で簡単に食べられるスープカレーです。
スープカレーのスープという名称でもわかるように
具材は入っていません。
あえて具材を加えないことによってスープのみの美味しさを追求して
作られたのが本日のスープカレーのスープです。

◎専門店に負けない本格スープ

鶏ガラをメインにしたスープは、10種類のスパイスをブレンド。
隠し味は焦がしバジルで、焦がしたバジルの風味がさらに食欲をそそります。
本物のスープカレーを作る際は、ダシ取りからスープ作りまでかなりの時間を要しますが
その手間を省けるのが本日のスープカレーのスープ。
鶏肉や野菜を用意し、温めたスープを掛けるだけで
まるでお店で食べるような本格的なスープカレーを
自宅で堪能することができるのです。

—————————
名称

スープカレー用スープ

原材料
表示

【スープ】
オニオンソテー、豚脂、しょうゆ、チキンエキス、鶏脂、香味油、トマト、香辛料、にんじんペースト、にんにくペースト、フルーツチャツネ、豚肉、食塩、しょうがペースト、ゼラチン、かつお風味調味料、カレー粉、ポークエキス、こんぶエキス、魚介エキス、しょうがエキス/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘剤(キサンタンガム)、香料、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)
【スパイス】
コリアンダー、クミン、カルダモン、フェンネル、コショウ、唐辛子、クローブ、ナツメグ、ローレル、シナモン

内容量

【スープ】200g
【スパイス】1g

容器

【外箱】紙
【パウチ】プラスチック

価格

540円(税込)

企画

株式会社 クリエイティブオフィスキュー

製造者

ベル食品株式会社

らっきょのスープカレーをネット通販で

今では札幌のソウルフードとして完全に定着したスープカレー。
その歴史はまだ浅く、タウン誌やメディアなどで札幌スープカレーが取り上げられたのは2001年ころ。
その当時、札幌市内でスープカレー店は、30店舗ほどしかありませんでした。
スープカレーブームが始まる前、1999年に札幌市西区琴似でオープンしたのが
札幌らっきょです。

らっきょの代表はイデゴウさん。
井出さんが始めたスープカレー店で、
たけし軍団の井出らっきょから掛けて、店名はらっきょ。
そんな安易な店名(失礼)とは正反対で
スープカレーはこだわりにこだわりを重ねたスープが大人気。
鶏ガラや牛骨、豚骨に多種の野菜から時間をかけて煮込んだスープに、
20種類以上のスパイスをブレンド。
一晩寝かすことで作られるココだけの味がらっきょのスープカレーです。

スープカレーブームの波の中、
一過性のブームで消えていく店や、
店舗を増やし多角経営にしたことで味が落ちて人気を落とすスープカレー店もありましたが、
らっきょは味がぶれることもなく、ブームによって店舗数が増え、味の嗜好が変わっていく時代の流れの中でも、順調に店舗を増やし東京にも進出。
2017年夏には、札幌駅直結のエスタ札幌店にもオープンしました。

写真の琴似本店は、開店の1999年からずっと変わらず営業中。
琴似のスープカレーといえばらっきょという人も数多くいます。

らっきょのスープカレーは、化学調味料を一切使わず素材の味を生かした味が魅力。
野菜は北海道産が中心で、まさにメイドイン北海道のスープカレーです。

そんならっきょのスープカレー。
札幌や東京の方は、お店で出来立てアツアツをいただいて欲しいですが
他の地域に住んでいる方には、それは酷というもの。
ということで、ネット通販でらっきょのスープカレーを入手できる方法をご紹介します。


こちらは、らっきょスープカレーのレトルトパック。
写真はチキンスープカレー。
らっきょのレトルトスープカレーは、
チキンとシーフードの2種類があります。
チキンはチキンレッグ一本がまるまま入った贅沢レトルトスープカレー。
スープカレーのレトルトパックでチキンレッグがまるごと一本入ったのは
らっきょが最初なんですって。
そしてシーフードサイズは、頭つきのエビが3尾入って食べごたえたっぷりです。

さらにこちらは、自分で作るペーストサイズのスープカレー。
香りが広がるスパイスオイルと辛味を自由に調整できるスパイスがセットとなった本格スープカレーです。

手軽に作りたい人にはレトルトサイズ。
そして本格的に作りたい人には、ペーストサイズ。

もちろんどちらも、らっきょのスープカレーを堪能できるおいしさ。
あなたはどっちを選びますか?

コチラからクリック
らっきょのチキンスープカレー・レトルトサイズ
らっきょのスープカレー・ペーストサイズ

スープカレー 本場北海道の味覚をお取り寄せ!

今や北海道フードのひとつとして定着したスープカレー。
スープカレー発祥の地は札幌。
1971年に喫茶店のアジャンタがメニューとして出していた薬膳カレーがオリジナルとされています。

スープカレーの名前が世に広まったのは1993年にオープンしたマジックスパイスから。
インドネシアのスパイスベースで作られた料理をスープカレーと名付け、その後札幌市内でもスープカレーを出す店が増えだしました。
本格的にスープカレーブームが到来したのは2000年ころ。
スリランカ狂我国、らっきょ、プルプルなど今も人気のスープカレー店が20世紀末に続々オープン。
2001年になると地元タウン誌の北海道ウォーカーやじゃらん北海道がスープカレー特集を組み、テレビやラジオなどメディアでも注目度が増し、2002年の日韓ワールドカップやYOSAKOIソーラン祭り、さっぽろ雪まつりなど道外からの観光客が増えるにつれスープカレー店も雪だるま的に増加。
スープカレーはもはや、ブームではなく札幌フード、北海道フードとして定着しています。

◎自宅でスープカレー

そんなスープカレーを自宅で堪能できる、お取り寄せのスープカレーも多数販売されています。
しかしそのなかには、スープカレーという名前だけを使ったまがい物が多いのも事実。
ただのカレー風味のスープだったり、レトルトカレーが薄まっただけの代物だったり。
スープカレーを食べたことがない人からしたら
「これがスープカレーって言うんだ」
「思ったよりおいしくないな」
とガッカリしてしまうことでしょう。
本物のスープカレーを食べたいなら、本場札幌のスープカレーを食べるのが一番。
だけど札幌に住んでいない人からしたら、当然ながら簡単には食べられない。
でもスープカレーを食べたい。
でしたら、本物のスープカレーをお取り寄せしましょう。

◎札幌の人気店のスープカレー

スープカレーブームがまだ到来する前の1997年。
札幌市北区にオープンした南インドカレー天竺。
鶏ガラとフルーツや野菜、昆布をベースにじっくり煮込んだスープと
20種類以上のスパイスをブレンドしたスープカレーは、口コミから火がつき
スープカレーブームの頃には、行列のできる人気店となりました。
柔らかいチキンと野菜、スパイスの風味がたまらない、天竺のスープカレーがレトルトパックで販売中。
温めるだけで名店のスープカレーが自宅で食べられるのです。


北海道名店のスープカレー

◎まだある人気のスープカレーをお取り寄せ

豊平区の人気店・南家のスープカレーも、レトルトパックで発売中です。
南家のスープカレーは、ココナッツ風味。
スパイスの辛味とココナッツの甘さがブレンドされることによって、
さらなる旨さが引き出されるスープカレーです。


北海道名店のスープカレー